スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本のオフ会 『壁』(安部公房・新潮文庫)

2011.03.07(Mon)

『日本文学』 Comment(0)Trackback(0)

壁 (新潮文庫)壁 (新潮文庫)
(1969/05)
安部 公房

商品詳細を見る



■今回、「本のオフ会」で取り上げたのは、安部公房の『壁』。うちの店に来る学生さんたちに意外と人気があるのが、安部公房なんです。多分、日本の作家では一番といってもいいくらい。とはいっても、ぱっと思い浮かぶのが4~5人という程度なんですけどね。二万人の学生が通う大学ですから、その中では圧倒的少数派であることは、間違いないんですが。
しかし、本好きとはいえ、てんでばらばら、多様に散らばっている中では、奇跡的に多い数のような気がします。そんなこともあって、今回、安部公房を取り上げたのですが、あいにく、春休みの真っ最中。集まりが悪かったのが残念。また、機会を設けてもう一度取り上げてみたい。


■で、安部公房のデビュー二作目にして、芥川賞受賞作。とにかく実験的・前衛的な作品であるにもかかわらず、単純に面白い、楽しい、笑かしてくれます。サービス精神旺盛なエンタメ小説でもあります。このあたりが、安部公房の素晴らしいところですね。独りよがりの実験性に陥ることなく、ちゃんと読ませてくれる。私なんか、ほとんど深いことは何も考えず、安部が繰り出してくるアイデアやイメージを愉しむのみです。
ただし、以前読んだ『砂の女』や『密会』に比べると、濃度というか密度は薄く、大人の寓話かできのいいショートショートを読んでいる感じがしないでもありません。
よく、カフカの『審判』が引き合いに出されたりするようですが、あれとは全然別物のような気がします。『審判』に見られる、過剰なほどの饒舌ぶりや重苦しさはこの作品からは、あまり感じられません。


■1951年度の芥川賞受賞作ですが、そのいきさつがなかなか面白い。ここに詳しいいきさつが書かれていて、興味深く読ませて頂きました。(同時代人の読んだ安部公房)
この年(1951年上半期)芥川賞は、安部の『壁』と石川利光の『春の草』の同時受賞だったらしい。そして、審査員の評などから推しはかると、『壁』は、どうも石川作品の添え物というか、補完物的役回りだったようです。というのも、石川という人は戦前から活躍していて、既に一定の評価が与えられていた。ところが、力量があるはずの石川作品がイマイチなので、色をつけて、もうイッチョウということで、安部が押されたことのようです。当時の審査員たちの評価も面白いです。特に、宇野浩二のけちょんけちょんぶりは、当時の文壇の評価基準をそのままあらわしているようで興味深い。結局、当時の文壇の大御所・川端康成の押しで受賞の運びとなったとか。
石川利光という人は、その後、あまりぱっとしなかったようで、逆に、安部公房の活躍ぶりは世界的なものとなります。村上春樹も芥川賞と縁がありませんでしたが、これに安部公房まで取れなかったとしたら、芥川賞の権威、存在意義にもクエスチョンマークがつくところだったんですね。


■次回「本のオフ会」

○4月9日  PM6:30~

○テクスト『文藝春秋 3月号』(芥川賞受賞作特集)










関連記事
トラックバックURL

http://gatemouth8.blog87.fc2.com/tb.php/99-aff9b6a4

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。