スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日の物欲(3)

2010.03.14(Sun)

『音楽』 Comment(0)Trackback(0)
■Crazy Rhythms Feelies

Crazy RhythmsCrazy Rhythms
(2009/09/08)
The Feelies

商品詳細を見る



80年代は、あまり熱心に音楽を聴いていなかったのだが、それでも思い出したように「ミュージック・マガジン」の年間ランキングが掲載された号を購入し、めぼしいアルバムを購入していた。そんな中で、結構好きで聴いていたのがこのアルバム。ボストン・パンクなんだそうです。私的には、愛らしいギター・ポップのような感覚で聴いていた。多分、ジャケットに写っているメンバー四人の清潔感あふれる初々しさが、そんなイメージを私に植え付けたのかもしれない。そう、ギターのカッティングが気持ちいいんですよ。それに、結構狂暴な音も忍び込んでくる。ドラムスもチープなんだけどうるさくはなく、ほどよい塩梅。
去年、リマスターされて再発されたものだが、以前は、入手困難で高値を呼んでいたらしい。いいタイミングで手に入れたものだ。



■NO NEW YORK [Compilation]

NO NEW YORKNO NEW YORK
(2009/09/15)
V/A

商品詳細を見る




ブライアン・イーノ編集による、70年代後半から80年代初頭にかけて盛り上がった、ニューヨーク・ノーウェーブ界隈のコンピレーション・アルバム。このあたりの動きに関しては、当時全くスルーの状態で、今更ながら目を見開かされる思いで勉強中。
考えてみると、当時のパンク・ムーブメントから、ポスト・パンクへの流れというのは、つくづく時代の必然というか、生まれるべくして生まれたような気がする。
あの頃のメジャーな音楽シーンというのは全く面白くなかった。例えば、フリートウッドマックやピーター・フランプトンがアルバムを史上初めて1000万枚単位で売り始めた頃だ。60年代からウッドストックを経て、70年代ザ・バンドの解散があって、ロックという音楽がたどり着いた場所がここ?文字通り巨大産業として立ち上がっていくロックの姿を虚ろな思いで眺めていたものだ。
そんな、音楽シーンへ反逆ののろしが上がるのは当然ちゃあ当然。
[No Wave]というムーブメントは、単に商業主義への反逆ということだけではなく、定型化された音楽フォーマットの否定という側面も強くあるようだ。このアルバムに納められた、アヴァンギャルドでフリーキーなノイズの洪水のような音は、そういったメジャーな音楽シーンに対する十分な破壊力が秘められている。
しかし、これを店でしょっちゅうかけるのにはちょっと勇気が要りそう。シチュエーションはもちろん、こちらのコンディションも整えておかないとね。


■Volunteered Slavery [Import] [from US]

Volunteered SlaveryVolunteered Slavery
(2002/09/10)
Rahsaan Roland Kirk

商品詳細を見る


これは、息子さんが入手したCDで、これがまた、なんとも実にイイ。上の「No New York」は、シチュエーションを選びそうなCDだが、これはいつでもどこでもOK。ジャンルとしては、ジャズの名盤ということなのだが、ドラムスなんかは、むしろロック調。ソウル・ジャズというのか、ファンク・ジャズというのか、とにかくローランド・カークの猥雑なエネルギーの放射が素晴らしい。
首からサックスやホイッスルをぶらさげ、サックスは同時に二本・三本吹いたりとギミックたっぷりの演奏。フルートなんかも、鼻で吹いたりするというのだから凄い。
こう書くと、なにかきわものっぽいイメージになってしまうが、叩き出される音はごくごく真っ当に美しくかっこいい。








関連記事
トラックバックURL

http://gatemouth8.blog87.fc2.com/tb.php/57-bd78b501

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。