スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『コルタサル短編集 悪魔の涎・追い求める男』(コルタサル・木村榮一訳 岩波文庫)

2009.10.31(Sat)

『海外文学』 Comment(0)Trackback(0)
悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)
(1992/07)
コルタサル

商品詳細を見る


■コルタサルは、ラテン・アメリカ文学において、ボルヘスと並ぶ短編の名手として知られている。彼の名前を世界的に広めたのは、『石蹴り遊び』という実験的な長編小説なのだが、本領はあくまで短編にあると、訳者の木村榮一氏は解説で述べている。(その『石蹴り遊び』は、古本で高値をよびアマゾンでは集英社文庫版の下巻など、なんと6000円からの値が付けられている。)
確かに、この手触り・感触はかなり独特で尋常ではない。ボルヘス同様、マジックリアリズム的な要素はほとんどなく、どちらかというと都会的な幻想小説といった趣き。
短編の名手のアンソロジーということで、極めつきのおいしいとこ取りなのかもしれないが、なにしろアイデアが秀逸で、どれもこれも唸らされるような作品ばかりが並ぶ。映画監督のミケランジェロ・アントニオーニが、この作品にインスパイアーされて『欲望』を制作したという「悪魔の涎」、チャーリー・パーカーをモデルにした「追い求める男」、さらに口からウサギを吐く男を主人公にした悲劇的な「パリにいる若い女性に宛てた手紙」等々。(『欲望』のDVDが家にあったので観たら、ヤードバーズがライブハウスのシーンで出ていた。若きジミー・ペイジとジェフ・ベックの雄姿。この映画は、モッズのバイブルでもあるらしい。)


■中でも驚かされたのが、「南部高速道路」という作品。日曜日の午後、パリへ向かう南部高速道路で、フォンテーヌブローを抜けたあたりから渋滞が始まる。計十二車線の道路がびっしり車に埋め尽くされる。渋滞はいっこうに解消されず、一日一日と日が過ぎていく。生きていくための基本的な条件の確保が、日に日に深刻な状況になっていく。食料や水の確保、トイレの問題や体調への影響。都会の中でのサバイバルといった様相を呈してくる。高速道路に閉じこめられた人々は、子どもから老人まで職業も様々である。そんな中、いくつかの車が単位になって、自治的な共同体のようなものも作られていく。季節は夏から冬へ。暖をとるのも並大抵ではない。共同体は、協力し合って様々な問題に対処していく。さらに冬から春へと季節は巡り、突如として渋滞していた車が流れ出す。それまでの日常をともにした共同体が、車の流れとともにバラバラになっていく。苦しい状況を支え合ってきた、懐かしいメンバーたちの車が流れに乗って分散していく。


■高速道路という現代文明の先端装置が、機能不全に陥ったとき突如出現する、古き良き時代のような共同体。そして高速道路の機能回復とともに、共同体は跡形もなく消えていく。一種の文明批評のようにも読めるのだが、私の場合、まず単純にその想像力に驚かされた。高速道路の走行という、ごくありふれた日常の地続きで口を開けて待っている不条理な展開。この短編に限らずコルタサルの短編は、日常のリアルな状況からその底に潜む闇というか非合理な世界が、知らぬ間に繋がっているような錯覚を覚える。だからこそ、彼の紡ぎ出す幻想譚は、決して絵空事に思われないようなところがある。不条理が、ごく身近にリアルに感じられるのである。そして、コルタサルが目を付ける舞台装置としての日常は、決してありきたりではない。日常でありつつ、「そう来るか」という特異なオリジナリティを感じてしまうのだ。そのセンスが凄いと思う。

関連記事
トラックバックURL

http://gatemouth8.blog87.fc2.com/tb.php/32-fc5cab26

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。