スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『近代文化史入門ー超英文学講義ー』(高山宏・講談社学術文庫)

2009.10.07(Wed)

『本を巡る本』 Comment(0)Trackback(0)
近代文化史入門 超英文学講義 (講談社学術文庫)近代文化史入門 超英文学講義 (講談社学術文庫)
(2007/07/11)
高山 宏

商品詳細を見る


■猛烈に面白い本。英国文学史を、文化史や精神史と絡めながらダイナミックに展開する様は、実にスリリング。著者曰く、「美食や男女性愛にしか快を見ない気風やお国柄の中で、知識や学問に快を感じ、思い切り楽しむ感性がもっともっと広まって欲しいという一心で旧著はつくった。」という通り、学ぶことの楽しさ知の快楽というものを、掛け値なしに体験させてくれる。


■この知的ダイナミズムの面白さは、何に由来しているのか。多分、それは著者もどこかで語っているように、思いがけないもの同士が、どこかで繋がっているという驚きから来るのだろう。それは、「つなげることで人を驚かせる技術論」「つなげる方法として魔術的なものをいとわない」というホッケのマニエリスム論そのものでもあるようだ。文学という狭い世界だけで自足していてはとうてい見通せない、新たなパースペクティブに違いない。


■出発点はシェイクスピア、十七世紀イギリスである。シェイクスピアは、十七世紀以降冷遇されていくのだが、背景に王立協会の設立による「それまでの古典的なイギリスの抹殺」があった。近代科学の成立による、「曖昧」や「非合理」の排除という事態。ところが、その科学が、近代文学の成立に際しては、強力なツールを提供することになる。王立協会の四代目会長になるニュートンは、近代科学だけではなく、芸術分野にまで思わぬ影響を与えた。ニュートンの難解な『光学』という本は、大評判を呼ぶのだが、読者の多くは文学者とりわけ詩人たちだったという。『光学』によって、「見る」ことの複雑な本質へと分け入ることが可能になった。詩や文学における情景描写が、格段に精密になっていくのである。
また、十八世紀にイギリスでは、グランド・ツアーと呼ばれる、古代ローマの遺跡とルネッサンスの国イタリアを目指した旅が盛んになる。その中で、絵の魅力を知り「風景」を発見していく。イタリアで見てきた絵の額縁をヒントに、長方形の世界の中に風景をスケッチする技術が生まれることになる。いわゆる、ピクチュアレスクの誕生である。
ニュートンの『光学』とピクチュアレスクの風景描写は、十八世紀後半、ロマン派などの文学運動に大きな影響を及ぼす。そして、そのロマン派の作家たちが、大の「見ること」好きで、ワーズワースなどは、晩年ロンドンのパノラマ館通いに精を出していた。


■とまあ、こんな具合に十七世紀から二十世紀まで、「急ぎ足ではあるが、ぼくが三十年かけて考えてきた「英文学」について記す。」というわけだ。
なにせ、情報量がとてつもなく多く、しかもその一つ一つが刺激的である。ここに紹介されている様々なトピックを、これからゆっくり咀嚼していくのも、老後の楽しみの一つになりそう。巻末にブックガイドが掲載されていて、これらを眺めつつ次の展開を考えるのも楽しい。



関連記事
トラックバックURL

http://gatemouth8.blog87.fc2.com/tb.php/28-ac825364

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。