スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『笹まくら』 丸谷才一・新潮文庫

2013.03.06(Wed)

『日本文学』 Comment(0)Trackback(0)

笹まくら (新潮文庫)笹まくら (新潮文庫)
(1974/08/01)
丸谷 才一

商品詳細を見る


■昨年、亡くなられた丸谷才一さんの『笹まくら』を読んだ。先に読んだ川本三郎さんの『そして、人生はつづく』のなかで、魅力たっぷりに紹介されていたのが丸谷さんだった。あの本での、丸谷さんを巡るエピソードが抜群に面白く、改めて、文壇(ほぼ死語ですな)の大御所的な存在であった作家の本を手に取ってみたくなった。

川本さんは、『そして、人生はつづく』において、丸谷さんのことを次のように述べている。

□「丸谷才一は直接的な政治談義をすることはまずなかったが、「軍人嫌ひ」は一貫していた。いまこのことがあまり語られないが、改めて確認しておきたい」

『笹まくら』という小説は、「軍人嫌ひ」(「戦争ぎらい」といってもいいかもしれない)という丸谷さんの姿勢が明瞭に発揮された傑作だと思う。
なにしろ、主人公は戦時中、徴兵忌避者として砂絵師に身をやつし、逃亡生活を成功させるのである。こういうシチュエーションの設定に如何にも丸谷さんらしい、独特のセンスの良さを感じる。

■この本では、戦後、大学職員として生きる主人公の現在、そしてその生活に影を落とす徴兵忌避者としての過去、それらが入れ子細工のように交互に描かれる。
逃亡生活で幾度となく訪れる危機や、女性との邂逅・恋愛、徴兵忌避に至る経緯など、不明瞭だった主人公の輪郭が、読み進めるうちに徐々に明瞭な像を結び始める。その意味で、この小説は、ミステリーの謎解きのような趣がある。
さらに、この小説が今読んでも全く古びていず、むしろ新鮮な感じがするのは、戦後日本の社会が戦前の軍国的体質と地続きの状態であること。戦前なるものから、いささかの断絶や変更もなく、社会に深く根を張っていることをあぶり出しているからだろう。
そしてこの状態は、現在さらにその進行を加速し、憲法改正までが取りざたされている。
丸谷さんの遺稿が、終戦の日の一日を題材にした連作短編集であったということは、このような現在の日本の状況に対し、深い危機意識を持っていたことの表明ではないだろうか。

■ところで、この小説は、反戦・反体制(というより、むしろ厭戦・厭体制、あるいは嫌戦・嫌体制といった方が、この小説の雰囲気とフィットするかも)というメッセージを持ったものと言えるだろうが、なにより小説として面白く、楽しませてくれる。多彩な登場人物、ユーモラスな会話、緊張感溢れる官憲とのスリリングなやりとり、エロチックな性愛描写、言語遊戯のような酔っ払いの独白など、読者を小説にどっぷり引き入れる仕掛けが、そこかしこに張り巡らされている。読者は、小説家の企みに身を任せるだけでよい。心地よい読書体験を堪能することができる。










関連記事
トラックバックURL

http://gatemouth8.blog87.fc2.com/tb.php/108-1de7c013

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。