スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

『オバマ・ショック』(越智道雄・町山智宏 集英社新書)

2009.05.22(Fri)

『政治・社会・経済』 Comment(0)Trackback(0)
オバマ・ショック (集英社新書 477A)オバマ・ショック (集英社新書 477A)
(2009/01/16)
越智 道雄町山 智浩

商品詳細を見る


■アメリカにおける文化多元主義を研究する学者と、アメリカ在住の映画評論家の対談本。オバマ登場の意味とこれからのアメリカを巡って、政治・経済のみならず、文化的なコンテクストを踏まえたスリリングな対談が楽しめる。かねてから、町山智宏という映画評論家のことは気になる存在だった。というのも、町山は母が日本人で、父が韓国人という、いわばマイノリティとしての出自を持ち、そのような彼自身のアイデンティティを踏まえた発言が気になっていたからだ。おそらく日本のサブカル論壇を見回しても、町山のようなスタンスからの発言は、珍しいと同時に貴重なものではないだろうか。


■『オバマ・ショック』というタイトルからすると、オバマに関する情報が大部分を占めるような本を想像できるのだが、この本は、アメリカという国がオバマという黒人大統領を選択するに至る歴史的経緯や背景、アメリカの置かれている現状などについて、多くの紙幅が費やされている。そして、それらを教科書的なガイドではなく、アメリカに十年に渡って住み続けている町山の臨場感のある話と、それを大きな文脈に位置づける越智との当意即妙の会話でテンポ良く進んでいく。


■オバマが登場した背景には、ブッシュという最悪の大統領が八年もの長きに渡って在任し、アメリカ社会をズタズタにしたという深刻な事態があった。史上まれに見る危機の中で、アメリカ国民が下した選択が、ブッシュから最も遠い位置にあったオバマだったのだ。それにしても不思議なのは、無能なブッシュが八年間もホワイトハウスの住人になれたという事実である。アメリカそのものがおかしかったとしか言いようがないのだが、背景の一つに、そのブッシュや保守派を徹底的に養護する、右系メディアが九〇年代以降急速に台頭するという状況があった。ラッシュ・リンボーというラジオDJや、ルパート・マードック率いるテレビのFOXニュースなどが、ラジオやテレビで保守的風潮を煽り立てたわけだ。反知性主義に彩られたこれらのメディアの登場によって、アメリカ社会の右傾化は加速された。


■ブッシュや保守派の挑戦的な言動は、アメリカを左右に分断し疲弊させてしまった。しかし、オバマは右派の挑発には乗らず、あくまでアメリカ再統合のシンボルとして振る舞うことに徹しているようだ。そして、そうした役回りをこなすのに彼以上にフィットする人物はいない。生みの父親はアフリカ人で、二番目の父親はインドネシア人、育てられた白人の母方の祖父母はWASP、育った場所も小学校はインドネシア、中学・高校はハワイ、それ以降がアメリカとまさに無国籍で多人種的なのである。つまり、様々な人種や階層を横断的に生きてきた人なのだ。また今後、保守派がいくらヒステリックに右回帰を煽ろうと、アメリカ社会は、白人がマイノリティ化していくことは明白で、最近の調査では二〇四二年がその分岐点になるという。アメリカ人の三人に一人がヒスパニック、という事態がもう目前に迫っているわけである。そのような状況の中で、ある意味どこにも所属しないというオバマの出自は、強みにこそなれ弱みにはならない。


■日本のメディアでは、民主党のオバマが勝ったことによって、対日圧力が強くなるとか、訳のわからない警戒論を振りかざす「識者」が結構いた。この本の中で町山も指摘しているとおり、この人たちは、ブッシュ時代が日本にとっていいことのいっぱいあった、バラ色の時代だとでも考えているのだろうか。実に不思議な人たちではある。いずれにしても、大不況というとんでもない時代に突入した今、しかし、アメリカは最高の指導者を持つことができた。アホな保守派が世界の鼻ずらを引き回すという、歴史の逆行を食い止め、元の流れに戻したのであるから、その一点だけでも、既にオバマのアドバンテージは相当高い。遅きに逸したとはいえ、やっと時計の針が元に戻ったような気がする、今日この頃。

スポンサーサイト

pagetop ↑

▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2009 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。