スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

2010『本のオフ会』 ベスト3(「おでん」会議)

2011.01.12(Wed)

『本のオフ会』 Comment(0)Trackback(0)
1月5日(木)うちの店でやっている読書会、通称「本のオフ会」で、恒例の「2010 ベスト3」発表を行いました。恒例たって、まだ二回目ですけどね。この読書会は存続の危機にさらされながらも、どうにかこうにか1年を持ちこたえることができました。ほとんど「虫の息」状態で続いているのが、なんとも私らしいというか。いや、ほんと、皆さんのおかげです。さて、早速、「ベスト3」なんだけどこんな感じ。

yamamotoさん
和書
◎『砂の上の植物群』(吉行淳之介)
◎『シュンポシオン』(倉橋由美子)
◎『あ・う・ん』(向田邦子)

外国文学
◎『雪』(オルハン・パムク 藤原書店)
◎『無関心な人々』(アルベルト・モラビア)
◎『ナジャ』(アンドレ・プルトン 岩波文庫)

どんどんマニアックになっていく、yamamoto君。ちなみに2010年の読書量は、百冊を超えたそう。和モノと洋モノに分けてのセレクト。今年は、吉行淳之介と倉橋由美子にはまったみたいです。いや、ワタシ、気になる作家ではありますが読んでません。私が若い頃、文壇のスターだった人たちなのに。中では、かろうじて向田邦子を読んだくらい。その向田邦子が浮いているようなセレクト。モラビアはすっかり過去の人かと思いきや、池澤夏樹編集の河出世界文学全集に『軽蔑』が入っていました。パムクは最近、『無垢の博物館』(上・下)が出たところでこの人の本も読みたい。

itohさん
◎『星座から見た地球』(福永信 新潮社)
◎『(私)という演算』(保坂和志 中央公論新社)
◎『デュシャンの世界』(カバンヌ 朝日出版社・78年刊行と古い)
次点『新潮』(2011・一月号)

「フランスパン」という演劇集団を主催する彼、パートナーのhonjohさんと一緒に参加してくれました。読書傾向は私と全くかぶらないっす。(笑)とは言え、大阪外大時代はドン・デリーロで卒論を書いたというアメリカ文学通。福永信という作家、はじめて知りました。ストリートノベル大賞受賞作家って、こんなカッコイイ文学賞があったんですね。itoh君は、大の保坂和志ファンでもありました、ということで保坂和志の短編集もセレクトされています。さらにyamamoto君といい、itoh君といいシュールリアリズム界隈からの本をセレクトしてます。『新潮』1月号は、唖然とするような豪華執筆陣。なんと、ドン・デリーロまで寄稿しています。でも、オススメは岡田利規と飴屋法水の対談とか、さすが演劇屋さんです。

honjoさん
◎『グロテスク』(桐野夏生 文春文庫)
◎『深い河』(遠藤周作)
◎『神様』(川上弘美 中公文庫)
◎『踊りは人生』(花柳 寿々紫 西川 千麗 鶴見 和子 藤原書店)

久しぶりに来店してくれた彼女、鰻の折りまで持参してくれました。ほんと、申し訳ない。桐野夏生さんの『グロテスク』、東電OL殺人事件をモチーフにした作品らしい。『神様』は、川上弘美フリークのyamamoto君も大絶賛。『踊りは人生』、日舞を習っているというhonjohさん、この本は社会学者で日舞や和歌、着物など多彩な趣味で知られる、鶴見和子さんも共著者として加わっている。奥の深い話なんだろうな。

hirosiさん
◎『めくるめく世界』(レイナルド・アレナス 杉山晃訳 国書刊行会)
◎『終の住処』(磯崎健一郎 新潮社)
◎『千年の愉楽』(中上健次 河出文庫)

『めくるめく世界』は、最初のほうだけちらっと読んだことがある。いわゆる中南米文学のマジック・リアリズムともちょっと違う荒唐無稽なほら話といった感じがした。米朝の落語『地獄八景亡者の戯』みたいな。『終の住処』、このブログでもとりあげ、批判的なコメントを書いてしまいました。息子さんは大絶賛。
『千年の愉楽』は、私も今年印象に残った本。

わたくし
◎『世界終末戦争』(バルガス・リョサ 新潮社)
◎『ヴァインランド』(トマス・ピンチョン 新潮社)
◎『いまも君を想う』(川本三郎 新潮社)
次点 『千年の愉楽』(中上健次 河出文庫)
次々点 『停電の夜に』(ジュンパ・ラヒリ 新潮文庫)

去年は、リョサ&ピンチョンyearだったような気がする。リョサはノーベル文学賞受賞、ピンチョンは新潮社から全小説の刊行と、思ってもみなかったような<事件>が起こった年でした。そのリョサの『世界終末戦争』は、やはり圧巻としか言いようがない。素晴らしすぎる一冊。『ヴァインランド』も、70年代カリフォルニアを舞台とした時点でピンチョンの勝ち。筆の勢いが違う。川本さんの本は、涙なしには読めない。奥さんとの思い出やエピソードのひとつひとつが、まるで宝石のように輝いている。混じりっけなしの純愛の凄さ。中上健次は、『枯木灘』を読んで、もちろん悪くはないんだけど、「そんなにええか?」という感じだった。が、この本は素直に凄いと思った。

ついでに当日参加はできなかったけど、うちの店の常連で、読書会にもたびたび顔を出してくれている、本好きの人たちのベスト3も。

kajitaniさん
◎『世界終末戦争』(リョサ 新潮社)
◎『ヴァインランド』(ピンチョン 新潮社)
◎『夜明けの家』(古井由吉 講談社文芸文庫)

なんか、ワタシのベスト3を眺めているような錯覚にとらわれます。

morisakiさん
◎『密会』(安部公房)
◎『散華』(高橋和己)
◎『門』(夏目漱石)
次点 『洪水は我が魂におよび』(大江健三郎)
   『ゼーロン 淡雪 他』(牧野信一 岩波文庫)

日本近代文学好きのmorisaki君らしいセレクト。『密会』は、ワタシも今年読んで印象に残っています。



◆というようなことで、今年もなんとか続けていきたいものです。さて、次回、2011年初の「本のオフ会」ですが、こんな感じです。最近なにかと話題の通称「切手本」。こういうタイプの本、ここでやるのははじめてです。案外、こういう本の方が論議が盛り上がるのかもしれませんね。

日時  2月4日(金) PM6:30~
テキスト 『切り取れ、あの祈る手を <本>と<革命>を巡る五つの夜話』(佐々木中 河出書房新社)



切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話
(2010/10/21)
佐々木 中

商品詳細を見る



スポンサーサイト

pagetop ↑

本のオフ会 VOL7  & ブライアン・ウィルソン新作『Reimagines Gershwin』

2010.09.18(Sat)

『本のオフ会』 Comment(3)Trackback(0)

挾み撃ち (講談社文芸文庫)挾み撃ち (講談社文芸文庫)
(1998/04/10)
後藤 明生

商品詳細を見る



■本のオフ会
『挟み撃ち』(後藤明生・講談社文芸文庫)
結局、前回予定していた『むらぎも』(中野重治・講談社文芸文庫)は、宙づり状態でパス。長期の夏休みもあったしね。まあ、確かにこれで読書会というのもちょっと厳しいかも。なにしろ、起伏のない淡々とした小説だし。

で、久しぶりの読書会なのだが、後藤明生の『挟み撃ち』。これまた、渋く地味っぽい小説、どうなるやら不安もあるが以前から気になっていた小説でもある。私自身は、『吉野太夫』『四十歳のオブローモフ』に次いで三作目の後藤作品で楽しみではあります。近所に住む「フランスパン」という演劇グループを率いるI君のお薦め。


10月10日(土) PM800~



■ブライアン・ウイルソン『Reimagines Gershwin』
ブライアン・ウイルソンの新作。前作もよかったけど、今作もさらにいい感じ。『Smile』に片を付けて、肩の力も抜け、やりたいこと好きなことをのびのびとやっているという感じ。ガーシュインのカバーということで、ジャズっぽいヴォーカルアルバムかと思いきや、きっちりブライアン=ビーチ・ボーイズのサウンドになっている。しかも、前作よりバラエティに富んだアレンジが施されているようにも感じられる。
考えてみると、ビーチボーイズ・サウンドというのは、フォーフレッシュメンの美しいハーモニーと、チャック・ベリー風ノリのいいロックンロールサウンドの合体なのだから、クラシックなスタンダードナンバーは、ブライアンにとって懐かしい心象風景の一つなのだろう。個々の楽曲に対する愛情をひしひしと感じる、秋にピッタンコな大人のポップアルバム。



Brian Wilson Reimagines GershwinBrian Wilson Reimagines Gershwin
(2010/08/17)
Brian Wilson

商品詳細を見る




pagetop ↑

本のオフ会VOL6 『ニューロマンサー』(ウイリアムス・ギブソン ハヤカワ文庫)

2010.05.11(Tue)

『本のオフ会』 Comment(2)Trackback(0)
■今回の読書会のお題は『ニューロマンサー』。「サイバー・パンク」と呼ばれる80年代に一世を風靡した、一群のSF小説の源流にも位置する大傑作。これも、以前から気になっていた一冊。
んがしかし、とりあえず難解。読むのに難儀した。前回の『宿命の交わる城』も、やっかいな本だったが、意味不明ということはなかった。しかし、この作品は、事前情報のないまま入っていくと確実に置いてきぼりを食わされそう。
「スプロール」やら「疑験」やら「アイス」やら「ストレイライト」やら、独特の用語が解説なしで飛び出してくるもんで、頭痛うなったわ。


ところが、本書の解説で山岸真という人は、こんな風に述べている。
「解説不要の作品というものがある。
要するに、スゴくて、おもしろくて、ノレて、読む人それぞれがさまざまに楽しめる、そんな作品のことだ。あえて説明することなどなにもない。
たとえば本書がそうである。」


「説明することなどなにもない」って、マジ?それはない!と思う。
アタシャ、作品に入り込むのに難儀したし、独特の用語や概念に最後までなじめず(というかすぐ忘れる)やっとの思いで読み終えた。まあ、消化しにくい固形物をそのまま飲み込んだような状態で、読書会に「ジャックイン」したような次第。


■で、今回の読書会は、私のような消化不良・自家中毒を起こした初心者にとって、救世主ような方々が参加してくれた。阪大のミステリー研究会のOBで、『ニューロマンサー』が大好きというお二人。原著まで持ち込んでくれての参加である。驚くべきは、中学生の時にこれを読んだという話。(なんとませたガキ!)さすがに、その時はあまり意味は分からなかったそうだが、とりあえず、「凄いものを読んだ」という感覚はあったという。(それは、なんとなく分かるような気がする)
お二人にいろいろ質問をぶつけ、話を伺っているうちに、胃の腑に澱のように溜まっていた固形物もなんとなく氷解。「読む人それぞれがさまざまに楽しめる」作品に思えてきたぞ。
それにしても、この作品は、再読するのが吉という典型のような作品ではないだろうか。一回読んだくらいでは、なかなかその世界の輪郭が見えてこない。勿論、細かなディテイルで惹きつけられるシーンはいくつもあるが、やはり核というか肝というか構造が見えないとつらい。逆に、そういうものがはっきりすると、この緊迫感・スピード感、そしてなにより近未来の退廃したシチュエーションが、もっと魅力的に迫ってきそうだ。
そうそう、もう一人、府大のミステリー研究会のOB、Iさん(温和な本好きという印象の素敵な方)も参加してくれた。これだけゲストが揃うと、さすがにいつもの会よりバラエティに富んだ意見も出てきて、より深いところまで突っ込めたような気がします。ありがとう!


□さて、次回読書会
『1Q84』(book1・2 村上春樹 新潮社)
6月26日(土)PM6:00
予備日7月3日(土)
(book3は、7月に、今回はbook1・2ということで。)

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る



pagetop ↑

本のオフ会VOL5・『宿命の交わる城』(イタロ・カルヴィーノ 河出文庫)

2010.04.20(Tue)

『本のオフ会』 Comment(0)Trackback(0)
宿命の交わる城 (河出文庫)宿命の交わる城 (河出文庫)
(2004/01/07)
イタロ・カルヴィーノ

商品詳細を見る


■本のオフ会VOL5、やりました。今回から強力なメンバーK君も参加してくれて、六名での会でした。それにしても、『宿命の交わる城』、なかなか難敵でした。どうも、カルヴィーノの作品にしては、あまり面白くない、退屈に感じられるのです。この本は、「宿命の交わる城」と「宿命の交わる酒場」の二つの作品で構成されているのですが、後者「宿命の交わる酒場」のほうは、本来のカルヴィーノらしさというか、凄みを感じさせてくれる作品がいくつか並んでいるように思いました。しかし全体のタイトルにもなっている「城」のほうは、読んでいてどうも作品の世界に入りきれないというか、すぐに意識があらぬほうへ飛んでいきます。
というわけで、私的には、「宿命の交わる城」と「宿命の交わる酒場」の違いがとても気になりました。「酒場」は、なにより自由奔放な想像力が羽ばたいているように思えるのですが、「城」は、こぢんまり行儀良くまとまったような作品が多い、そんな気がするのです。

■カルヴィーノは、60年代後半から数年間に渡って、物語を紡ぎ出す装置としてのタロット・カードの魅力に取り憑かれ、カードを使った物語の生成にのめり込んでいきます。言うまでもなく、その成果がこの『宿命の交わる城』でした。そして、それは思いもよらぬストーリーの構築ということのみならず、複数のストーリーが緊密な関係を持ちつつ、カードの配列の中にきちんと収まるというような、パズル的な組み合わせによる統合のようなものを考えていたようです。(書きながらも、それがどういうものか、漠としたイメージしか持ててないのがつらいっす。)


■ただ、解説でカルヴィーノはこんな風に語っています。

「「宿命の交わる城」の場合には、それぞれの物語を構成するタロットが縦横の二方向に二重に配列され、他の物語を構成する三組のタロットの物語と(縦横の二方向に二重に)交差してゆく。こうして並べ終わった全体図を見れば、横に三つの物語と縦に三つの物語が読み取れるであろう。しかも、これらのカードの列は、それぞれが逆方向に別の物語としても読み取れるのだ。それゆえ、この図のなかには全部で十二の物語が埋め込まれたことになる。」

「ただし、「城」の場合にはそれぞれの物語を構成するカードが縦横の二方向に整然と並べられたのに反し、「酒場」の場合にはそれぞれの物語が非常に不規則なブロックを形成して、いわば全体図の中心に向かい、それらが折り重なってゆき、ほとんどすべての物語に共通して繰り返し使われる重要なカードが中央に集まってしまった。」

つまり、「城」の場合は、配列としては「整然と並べられた」のに対し、「酒場」の方は「不規則なブロックを形成」してしまった、というのです。読み物としては、「酒場」のほうが面白いにもかかわらず、カードの並びということでは、上手くいかなかった。カードの並びを意識し、それがうまくいった「城」の方は、読み物としてはあまり面白くなかった。どうも、「城」は、カードの並びに意識が縛られ、自由な想像力の飛翔が阻害されたのではないかと、そんな気がしてなりません。初めてカルヴィーノを読むのには、これはちょっと不適な気がします。やはり、「われらの祖先」シリーズ、『木のぼり男爵』『まっぷたつの子爵』『不在の騎士』あたりから入るのが吉かと。




■次回「本のオフ会」VOL6 サイバーパンクの傑作『ニュー・ロマンサー』です!

○『ニューロマンサー』(ウイリアム・ギブソン ハヤカワ文庫SF)
○5月8日(土) PM6:00~
○8日が予約等で都合が悪くなった場合、15日(土)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
(1986/07)
不明

商品詳細を見る


■次々回6月例会は、「とりあえず、行かんわけにはいかんやろ」(おっさん的しゃれですな)ということでいよいよ『1Q84』(村上春樹)!なにしろ、大長編ですので読み終わった頃には、最初の方を忘れてるのではないか、というのがとっても不安。日程等は次回に。

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上春樹

商品詳細を見る






pagetop ↑

本のオフ会VOL4の報告、そしてVOL5のお知らせ

2010.04.03(Sat)

『本のオフ会』 Comment(0)Trackback(0)
■4回目となった「本のオフ会」です。今回は谷崎潤一郎「吉野葛」を巡ってでした。参加者は、いつものY本君と、前回から参加の「楽童」Mさん、それにスタッフのY君、それに私という、例によってこじんまりした面子での会。さらにこれまた例のごとく、脱線に次ぐ脱線で何を話したのやら?この脱線が楽しいっちゃあ楽しいんですけどね。
「吉野葛」に関しては、私以外のメンバーは、イマイチという感想。イマイチで片づく読書会って、どうなのよ?という感もなきにあらずですが。確かに、感想とか持ちづらい内容ではあるかも。やはり、読書会に向いている本、向かない本というのがあるのかも知れません。私としては、「蓼食う虫」や「細雪」に繋がるような世界で、好感度大なのですが。なにしろ、地味でかつ歌舞伎とか琴とか日本の古典芸能の引用が多々あったりで、現代からすると取っつきにくい面もあるのかも知れません。さらに、冒頭、主人公の吉野探訪が、南朝・北朝の太平記的世界に対する作家的興味によるものであることを、個々の歴史的・伝説的事例を引きながら、縷々説明されます。このあたりも、作品が書かれた昭和初頭と現在では、人々の興味・関心の度合いが違うように思います。かっては、読者をぐっと惹きつける魅力的な素材であった南朝・北朝の歴史ロマンが、現在的な感性からするとそれほでもない。そんなところも、取っつきの悪さを感じさせる要因の一つになっているのかも知れません。


■さて、次回ですがまたまた脈絡なく、気分のみでセレクトしてますが、私も大好きなイタロ・カルヴィーノ「宿命の交わる城」が課題図書。4月17日(土)、18時からですのでよろしく。


□本のオフ会 VOL5□

4月17日(土) PM6:00~   gatemouth cafe
■「宿命の交わる城」(イタロ・カルヴィーノ 河島英昭訳 河出文庫)


宿命の交わる城 (河出文庫)宿命の交わる城 (河出文庫)
(2004/01/07)
イタロ・カルヴィーノ

商品詳細を見る




pagetop ↑

▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。