スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

ボブ・ディランという男(デイヴィッド・ドールトン 菅野ヘッケル訳 SHINKO MUSIC)

2013.10.18(Fri)

『音楽』 Comment(0)Trackback(0)

ボブ・ディランという男ボブ・ディランという男
(2013/09/26)
デイヴィッド・ドールトン

商品詳細を見る









◆ボブ・ディランって知ってるよね。
「ボク・シラン」なんて、オヤジギャグを返さないように。
この一年ほど、ディランばかり聴いている。やっと、あの独特のクセのある歌唱の魅力がじわじわ胸に響くようになってきた。ディランと出会ってほぼ50年になる今日この頃。

◆ディランは、50年近くになる長いキャリアで7000万枚以上のレコード・CDを売り上げてきた。これは、確かにデカい数字だが、ビートルズやマイケル・ジャクソンの6億枚には遙かに及ばないし、テイラー・スイフトやレディ・ガガにも及ばない。それどころか、日本人アーチストのBzや美空ひばり、さらには三橋美智也にも及ばない。にもかかわらず、ディラン関連の本は、様々なアーチストの中でもダントツで多いという。ディランという人は、評論家や研究者からみて批評するに値する格好の素材なのだ。何故か?ディランの社会的・音楽的・文学的背景の重要性が他と比べ圧倒的に高いからに他ならない。

◆ビートルズは、不良たちの音楽であったロックンロールを、普通の男の子・女の子にまで広げていった。さらに、ロックンロールがロックへと進化するためには、感度のいい大学生以上の大人にまでマーケットを広げなければならなかった。60年代初頭、アメリカの大学生達は、ビート詩人達の影響を受けてジャズを聴くか、反体制的で反商業主義のフォークミュージックを聴くかに大別されていた。このような層をリスナーに引きずり込まない限り、ロックンロールは、お子様向けに消費される軽薄な音楽として無限ループするしかなかった。
このロックンロールからロックへと云う進化・孵化の過程で、ディランは決定的な役割を果たす。それを象徴するのが、1965年に発表されディラン最大のヒット曲となった「ライク・ア・ローリング・ストーン」だ。この曲は、当時のポピュラー音楽が持っていた数々の制約・約束事をひっくり返す。例えば、<ヒット曲の尺は3分以内><歌詞は「恋愛」や「車」「スクールライフ」といったガキの日常を切り取ったもの>等々。こういった、お約束をひっくり返し、6分15秒という破格の尺、内容は、ハイスクールの日常とはほど遠い、かって栄光の座にいたセレブの没落とそれを揶揄したもの。しかも、そのサウンドはかって聴いたこともない摩訶不思議でユニークなものだった。それでいて洗練されていて、なおかつポップでキャッチー。この曲の前奏からディランの独特の声・歌唱へと続く導入部は、いつ聴いても、褪せることのないマジックだ。この曲の出現が、ポップミュージックをロックンロールを新たな高みへと押し上げる導火線となった。ビートルズやビーチボーイズは、この曲に刺激を受け、新たな音楽創造に向けてしのぎを削るようになる。

◆ところで、この本にはディランとジョン・レノンの興味深い対話が紹介されている。ジョン・レノンの回想でこんな会話が綴られている。

「彼はいつも…『ジョン、これをよく聞いてみろよ』とか『歌詞が聞こえたか?』とか言った。ぼくは『ことばはいいんだ。たいせつなのはサウンドだ』と言っていた」

◆つまり、ビートルズはサウンド志向、ディランは詩の重視、という違い。ディランは、アメリカのフォーク・ミュージックの詩の世界から始まり、ギンズバーグらのビート詩人や象徴派のランボーまで俯瞰し、ポピュラーミュージックのありきたりの詩の世界とは徹底的に断絶していた。
ディランほど偉大な詩人の詩や文学作品を読んでいるミュージシャンは、今なお、そうそういないのではないかと思われる。これらの影響を受け独特の世界を構築したからこそ、毎年のようにノーベル文学賞の候補に名を連ねることになったのだろう。
また、アメリカのフォーク・ミュージックにしても、その題材となる世界は、決してのどかなものではない、残忍で恐ろしい内容のものも多かった。例えば「プリティ・ポリー」という曲では、男が結婚の約束をして若い娘を誘惑し、娘が妊娠したあと、隠してておいた墓穴に誘い入れて殺す。「ラブ・ヘンリー」では、女性が不実な恋人を毒殺し、それを見て騒ぎ出した鸚鵡まで殺そうとする。スマートなモダニズムの世界とは一線を画した世界が、包み隠さず歌い込まれているのである。
これは、日本で歌われるフォークのイメージとも違うし、アメリカのヒットチャートを賑わす曲とも違う。異質な世界である。このような、反近代の語り口やイメージにのめり込み、取り込むことによって新たな詩世界を立ち上げたのである。
もちろん、あの斬新なヴォーカルスタイルやメロディメーカーとして非凡なことは言うまでもない。つまり音楽家として豊かな才能に恵まれているのは明らかだが、どちらかというと、歌詞で世界を驚かせたいというほうに軸足を置いたミュージシャンなのだ。そんなディランとジョン・レノンの立場の違いは面白い。

◆そんな歌詞重視のディランだが、「ライク・ア・ローリングストーン」だけは、サウンド・歌詞とも画期的だった。ディランのアルバムでサウンドが画期的などというのはほとんどない、と言っていいだろう。フォークロック期の三枚の大傑作<「ブリング・イット・オール・バック・ホーム」「追憶のハイウェイ61」「ブロンド・オン・ブロンド」>にしても、「とりあえず、バックにエレクトリックバンドをくっつけてみました」的なえらくぶっきらぼうな風情だ。(もちろん、それそれで結果として素晴らしいアルバムに仕上がっているのだが)
いずれにしても、ビートルズやビーチボーイズのサウンドの懲り方とは比べるべくもない。そんなディランの曲にあって、「ライク・ア・ローリング・ストーン」だけは違う、別格だ。それくらい、歌詞とサウンドが対等、拮抗、完璧に決まっている。スタジオに神が宿った数少ない例だろう。
そういう、破格の曲であればこそ、音楽の歴史を塗り替えることが出来たのだ。

◆それにしても、去年くらいからコツコツと集め始めたディランのCDだが、もう後数枚で完璧というところまで来た。その矢先、この11月にとうとうコンプリートBOXが出るというではないか。現状、持ってないのが2~3枚というところなので大いに悩む。未発表の音源も収録されているようだが、数はそんなに多くもない。それでも、いくつかのアルバムがリマスターされているのでそれは魅力ではあるし、ハードカヴァーと言われる解説本がつくのも魅力だし。うーん、悩ましい。


Complete Columbia Albums CollectionComplete Columbia Albums Collection
(2013/11/05)
Bob Dylan

商品詳細を見る
スポンサーサイト

pagetop ↑

Imagine Project / Herbie Hancock

2010.11.21(Sun)

『音楽』 Comment(0)Trackback(0)

Imagine ProjectImagine Project
(2010/06/21)
Herbie Hancock

商品詳細を見る




■ハービー・ハンコックが様々なゲストとの共同作業で作り上げた、素晴らしいニュー・アルバム。まずは、そのゲスト陣のセレクトの妙に驚かされる。ジェフ・ベック、デレク・トラックス、チーフタンズ、ロス・ロボス、ティナリゥエン、デイブ・マシューズ、チャカ・カーン、コノノNO1等々と地味にすごい面子がずらり。ティナリウェンやコノノNO1など、普通このてのアルバムで、ゲストに呼ばれるなどあまりないのではないか。このような個性的なミュージシャンと競演するために、世界各国を訪れたという。ジャズというジャンルに捕らわれることなく、その視線を大きく世界に向けているようで嬉しくなる。
1940年生まれだから、今年、70歳。このミクスチャー感覚は、そんな肉体的年齢など軽く凌駕していますね。いや、素直に脱帽です。


■「Imagine」「Don't give up」「Exodus」「Tomorrow never knows」「A change is gonna come」など、どれもお馴染みのナンバーなのだが、ゲスト・ミュージシャンとのコラボによる化学反応で、全く新しい音楽に生まれ変わっているようだ。ハービーの押さえ気味の繊細で上質なピアノと、ゲストによるソウルフルでワイルドなヴォーカル・演奏とがピッタリとマッチして、国境を越えた極上の音楽が立ち上がってくる。
こういうのを聞いていると、ほんと、尖閣がどうの北方領土がどうのという、狭いナショナリズムに捕らわれることの愚をつくづく思い知らされる。世界のこのような状況にこそ向けられた、音楽によるゲリラ戦。


さほど期待していなかっただけに、思わぬ拾い物でした。私的、今年のベスト3には確実に入りそうです。



pagetop ↑

ソウル・フラワー・ユニオン at 京都精華大 学祭

2010.11.05(Fri)

『音楽』 Comment(0)Trackback(0)
ソウル・フラワー at京都精華_convert_20101105031402

■一昨日、娘が通っていた京都精華大学の学園祭にソウル・フラワー・ユニオンが登場するというので、娘の強力なすすめもあって行って参りました。大好きなバンドなのだが、ソウル・フラワー・モノノケ・サミットの方は、今まで何度か観ていたにもかかわらず、本隊であるユニオンの方は初体験。
これがまあ、実にパワフルで凄いノリ、初老夫婦揃って参戦し、それも最前列に陣取っての観戦で圧倒的な音圧の前に、腰を抜かしそうでした。勿論、オーディエンスも大熱狂のダンスホール状態、腰痛にさわらぬ程度で、私も軽くダンス。演奏時間が、1時間程度ということで、最初から最後までお馴染みのキラーチューンを、これでもかと惜しげもなく繰り出してくれます。ラストの数曲はものすごいテンションで会場も興奮の坩堝。
いやあ、久しぶりにがつんとやられた感じ。音楽の持つエネルギーと場の支配力にほとほと感じ入りました。同時に私自身、気合いとエネルギーを注入してもらった感じです。面白いのは、近所への配慮からか、午後八時で終了という約束をきちんと守り、アンコールは一切なし。また、観客もアンコールの催促はなく、興奮状態で終わった後は、余韻を残しつつ静に解散。学生たちも近所からのクレームで、自分たちの学祭がやりにくくなることは避けたいという、危機回避の意識を共有しているんですかね。


■それにしても、京都精華の学祭、素晴らしい雰囲気で、ちょっと維新派の舞台や屋台の雰囲気を思いおこしました。こんなに自由でかつちょっとアートっぽい雰囲気の学祭はあまりないのではないでしょうか。(アート系の大学ではあるのかもしれませんが)
大きな総合大学だと、不祥事を怖れてなにかと学校側から規制が入ります。関大も今年から学内での飲酒販売はなくなったようです。第一、ソウル・フラワーのようなバンドを学祭に呼ぶようなことはまずありません。吉本お笑い芸人のオンパレードです。学生の幼児化と学校当局の規制強化は、一体のものとしてあるのではないでしょうか。いずれにしても、学祭のトリにソウル・フラワーを観戦して踊り、盛り上がり、一体となった学生たちは、どのような感性を持ち社会に巣立っていくのか、実にたのもしくかつ楽しみでもあります。文科省の押し進める大学への新自由主義的教育改革へのアンチ・テーゼを観た思いがします。


Exile On Main BeachExile On Main Beach
(2009/10/07)
ソウル・フラワー・ユニオン

商品詳細を見る






pagetop ↑

日曜日の物欲(3)

2010.03.14(Sun)

『音楽』 Comment(0)Trackback(0)
■Crazy Rhythms Feelies

Crazy RhythmsCrazy Rhythms
(2009/09/08)
The Feelies

商品詳細を見る



80年代は、あまり熱心に音楽を聴いていなかったのだが、それでも思い出したように「ミュージック・マガジン」の年間ランキングが掲載された号を購入し、めぼしいアルバムを購入していた。そんな中で、結構好きで聴いていたのがこのアルバム。ボストン・パンクなんだそうです。私的には、愛らしいギター・ポップのような感覚で聴いていた。多分、ジャケットに写っているメンバー四人の清潔感あふれる初々しさが、そんなイメージを私に植え付けたのかもしれない。そう、ギターのカッティングが気持ちいいんですよ。それに、結構狂暴な音も忍び込んでくる。ドラムスもチープなんだけどうるさくはなく、ほどよい塩梅。
去年、リマスターされて再発されたものだが、以前は、入手困難で高値を呼んでいたらしい。いいタイミングで手に入れたものだ。



■NO NEW YORK [Compilation]

NO NEW YORKNO NEW YORK
(2009/09/15)
V/A

商品詳細を見る




ブライアン・イーノ編集による、70年代後半から80年代初頭にかけて盛り上がった、ニューヨーク・ノーウェーブ界隈のコンピレーション・アルバム。このあたりの動きに関しては、当時全くスルーの状態で、今更ながら目を見開かされる思いで勉強中。
考えてみると、当時のパンク・ムーブメントから、ポスト・パンクへの流れというのは、つくづく時代の必然というか、生まれるべくして生まれたような気がする。
あの頃のメジャーな音楽シーンというのは全く面白くなかった。例えば、フリートウッドマックやピーター・フランプトンがアルバムを史上初めて1000万枚単位で売り始めた頃だ。60年代からウッドストックを経て、70年代ザ・バンドの解散があって、ロックという音楽がたどり着いた場所がここ?文字通り巨大産業として立ち上がっていくロックの姿を虚ろな思いで眺めていたものだ。
そんな、音楽シーンへ反逆ののろしが上がるのは当然ちゃあ当然。
[No Wave]というムーブメントは、単に商業主義への反逆ということだけではなく、定型化された音楽フォーマットの否定という側面も強くあるようだ。このアルバムに納められた、アヴァンギャルドでフリーキーなノイズの洪水のような音は、そういったメジャーな音楽シーンに対する十分な破壊力が秘められている。
しかし、これを店でしょっちゅうかけるのにはちょっと勇気が要りそう。シチュエーションはもちろん、こちらのコンディションも整えておかないとね。


■Volunteered Slavery [Import] [from US]

Volunteered SlaveryVolunteered Slavery
(2002/09/10)
Rahsaan Roland Kirk

商品詳細を見る


これは、息子さんが入手したCDで、これがまた、なんとも実にイイ。上の「No New York」は、シチュエーションを選びそうなCDだが、これはいつでもどこでもOK。ジャンルとしては、ジャズの名盤ということなのだが、ドラムスなんかは、むしろロック調。ソウル・ジャズというのか、ファンク・ジャズというのか、とにかくローランド・カークの猥雑なエネルギーの放射が素晴らしい。
首からサックスやホイッスルをぶらさげ、サックスは同時に二本・三本吹いたりとギミックたっぷりの演奏。フルートなんかも、鼻で吹いたりするというのだから凄い。
こう書くと、なにかきわものっぽいイメージになってしまうが、叩き出される音はごくごく真っ当に美しくかっこいい。








pagetop ↑

09年この三枚というか三曲

2010.02.11(Thu)

『音楽』 Comment(0)Trackback(0)
遅ればせながら、こんなことをやってみました。『09この三枚』、09年に聞いた音楽でこれがベスト3という企画。本の方は1月にやりましたので、今回は音楽方面です。例年ですと、ポピュラー音楽学会の面々が集まって、年末か年明けに恒例でやっていたのですが、今年はスケジュールが合わずボツになってました。
それでは、ちょっと寂しいということで、うちの店に常連できてくれている音楽好きが集まって、それぞれのベスト3を発表してもらいました。
参加してくれたのは、軽音サークル「グルーブ」のメンバーが3人、「二部軽音サークル」のメンバーが1人、それに社会学部の院生で音楽好きの2人、それに私とスタッフである息子さん、都合6人というこじんまりしたメンバーで、楽しくやりました。それにしても、みんな深いところ掘ってます。私が一番ありきたりという感じ。


I君
日本語ラップに詳しい院生。日本語ラップの流れや背景を簡単に講義してくれ勉強になりました。


■『般若心経』EVISBEATS
文字通り「般若心経」をそのままリリックにラップしたもの。香川善通寺市にある、「ピックアップ」といういい感じのレコード店店長によるEVISBEARSへのインタビューがこちら。地方にこんないい店があるとなんとなく嬉しくなります。
http://ameblo.jp/souljazz45/entry-10434824058.html  


■『鎮座DOPENES』 
iTunesが、2010年最も活躍が期待できる新人アーティストを選出する「iTunes Japan Sound of 2010」において、発表された10組のアーティストの一人にこの鎮座Dopenessも選ばれています。


■『大阪ぱっぱ』
NORIMITSUとMr.FUKUSANというトラックメーカーをフューチャーしたアルバム「SPLIT EP」からの一曲。吉本新喜劇のテーマをまんまサンプリング。


F君 
■『クリスティーナ?』
「ニューヨーク・ノーウェーブ」の流れをくむ女性シンガー。このあたりのシーンも今年は是非、掘り起こしてみたい。 


■『ターミナルラブ』
ピーター・アイバース ゲイのシンガーらしい。アシッド・フォークの源流に位置するような人みたい。この脱力系サウンドは、はまると病みつきになりそう。デベンドラ・バーンハートなんか、もろに影響を受けてそうな感じ。 


■『パーティライト』
クラウディン・クラーク 50年代ガールズ・ポップの超逸品。


N君
■『シャンブル』ユニコーン 
今年再結成で、大盛り上がりのユニコーン。amazonの年間ランキングで、6位と絶好調。現役の時以上のブレークではないか。並の再結成とは、ひと味違う。


■『STILL』JOY DEVISION  
イアン・カーティス最後の壮絶なパフォーマンスが収録されている。 


■『LOOK iNTO THE EYEBALL』 デヴィッド・バーン 
ニューヨークパンクから躍り出た人とは思えない知性。このアルバムは、ソロ作品の中でも1・2を争う出来。ポップミュージックの万華鏡のような作品。



K君
■『the book about my idle plot on a vague anxiety』TOE
日本のポスト・ロック系インストバンド。メローでおしゃれ、かっこいいです。


■『BLACK FEAZER SIHOULET』
ノルウェーの国民的人気バンドらしい。これまたjazzyなグルーブ。上のアルバムもそうですが、じっくり聴いてみたい作品です。


■『ADEBISI SHANK』
アイルランドのグループで、日本のLITEのベーシスト 井澤惇が主催するレーベル「Parabolica Records」からデビュー。今年4月には同レーベルから1stアルバム『This is the album of a band called Adebisi Shank』をリリースしている。 しかし、この日本にも面白い動きが色々あるものですね。


T君
■『ティーンエイジ・ファンクラブ』
 80年代後半にデビューした頃、日本でも話題になっていた。ポップでなかなかいいです。スコットランド・グラスゴー出身のグループって、私の中ではなんとなく好感度が高い。


■『ART WOODS』 高木正勝
映像と音楽を手がけるというマルチプレイヤー。去年観たライブの中では、ダントツに良かったそうです。なるほど心地いい音楽です。


K君 
■『エンピリアン』
レッチリのジョン・フルシアンテのソロアルバム10枚目。現代最高のギタリストの1人。音楽に対する情熱は凄いものがある。これまた、じっくり聞きたい一枚。


■『RED MEDECENE』 FUGAZI
80年代後半から活躍するハードコアパンクのグループ。反商業主義を貫き、社会に対する批判的な視点もあり。おじさん的には、グレートフル・デッドの活動を彷彿とさせるようなグループで興味深い。


■『VIORATER』 デペッシュ・モード
この人たち、1980年デビューなんですね。ということは、はっきり言って私と同世代です。それがどうした、ちゅうことですが。今までに、全世界で9100枚ものレコードセールスを記録している、ニューウェーブ界隈最大の大物。


Y君(ゲイトマウス・スタッフ)
■MELODY GARDOT(MY ONE AND ONLY THRILL)
いまだジャズは生きでます。最近、続々とデビューしたジャジーな雰囲気の女性シンガーたちの中でも出色。


■XTC(wasp star)
名作揃いのXTCの中でも上位にあげれる、現時点での最新ALBUM


■RUMI(HELL ME NATION)
リリックが面白い。ゲストも豪華。


■今年は、前半70年代によく聴いていたCDの購入。中盤から夏にかけてはヴァン・モリソン関連。年末は、ビートルズ・ボックスの購入が主なトピックスであった。その中からの三枚。


■『JAZZ』ライ・クーダー (1978 BIG BAD BILL IS SWEET WILLIAM NOW)
ライ・クーダーというと、「ブエナヴィスタ・ソシアル・クラブ」が有名で、すっかりワールドミュージックや、ラテン系音楽、映画音楽の人といった人とというイメージが定着したような感があるが、もともとは、生粋のアメリカン・ルーツミュージック畑の人だ。ストーンズの連中に、アメリカンミュージックのリフをレクチャーしたのは有名な話しで、結果『レット・イット・ブリード』という名盤も生まれた。キャプテン・ビーフハートのバンドにも在籍していた。


■『魂の道のり』ヴァン・モリソン(1974 DOMINO)
去年、夏頃はヴァン・モリソンのCDをせっせと購入していた。そのきっかけとなったのが、このLIVE磐『魂の道のり』(ITS TOO LATE TO STOP NOW)。ヴァン・モリソンは以前から好きだったが、どちらかというと、重厚で渋いというイメージを持っていて、それが好きだったのだが、このアルバムを聞いて、軽やかでポップ、いきのいいロッキン・ソウルというテイストが堪らなく格好良い。新たなヴァン・モリソン像に目を見開かれたような思いがした。


■『インプレッションズ』(ベスト磐 ITS ALL LIGHT)インプレッションズは、リアルタイムで触れたグループだが、当時はほとんど素通りで、ヒット曲を連発するグループというイメージしかなかった。カーティスを聴くようになって、彼が在籍したグループということで、気になり聴きだした。モータウンの時代ともダブるのだが、こちらのほうがより都会的でお洒落、大人のテイストが素晴らしい。シブかっこいい。


pagetop ↑

▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。