スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

日曜日の物欲~購入本・CD~(5)

2010.05.24(Mon)

『日曜日の物欲(購入本・購入CD)』 Comment(0)Trackback(0)
次回、読書会のお題『1Q84』(1・2)を読んでいる。ストーリーの立ち上がりも速く展開もスピーディ、これなら気取った文体もあまり気にならない。全共闘運動からニュー・エイジの運動へと続く、日本のカウンター・カルチャー全般への村上春樹なりの総括の試みともとれる。なんだけれども、現実の社会が抱え込んでいる危機へのコミットメントという意味では、タイムラグがありすぎてずれているのではないか、などと思ったり、いろいろ考えさせられる。


□『村上春樹と小阪修平の1968年』(とよだもとゆき 新泉社)
小阪修平さんという人は、東大全共闘の熱心な活動家であり、三島由紀夫との討論会に臨み、主要な発言者として参加された人だ。いわゆる「全共闘」的なるものを抱え込んで、その後の生き方を探ってきた方というイメージがある。一方、村上春樹の場合、運動には一時的に関わるものの、どちらかというとその集団行動との肌合いの違いをすぐに察知し、そこから距離を置いてきた人というイメージ。だから、全共闘運動に対して、小阪さんほどの思い入れは村上春樹にはないような気がする。そんなわけで、この本のタイトルをみたとき、小阪修平と村上春樹を全共闘に対し対称的なスタンスをとった二人として、扱っているものと思いこんでいた。ところが、この私の直感は大間違いで、二人は共通項として括られていた。私としては、どうも腑に落ちない。村上春樹は、あの時代の政治的な空気よりも、むしろ文化的な空気(映画や音楽そして文学)に深い共鳴を抱いていた作家、という感じがする。「誰かと連帯することはどうしてもできなかった。手を繋ぐことを考えただけでぞっとした。」と語る作家が、小阪さんのようなバリバリの活動家と同質の拘りを持っていたと考えるのは無理があるのではないか。
もちろん、全共闘運動との距離によって、どちらがエライとか、価値があるとかいうことではなしに。


村上春樹と小阪修平の1968年村上春樹と小阪修平の1968年
(2009/07/29)
とよだもとゆき

商品詳細を見る


□『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上・下巻)』(村上春樹 新潮文庫)読書会を控えて村上づいています。彼の代表作の一つで、昔、読んだことがあるのだが、ほとんど内容を忘れてしまった。しかし、面白かった記憶はある。

□『1984年(新訳版)』(ジョージ・オーウェル 高橋和久訳 ハヤカワepi文庫)
これも村上関連、元ネタもあたっておきたいちゅうことで。この作品、保守派から「反共パンフレット」のように扱われてきたらしい。本人は、ラディカルな左派なのに。 


□『父の遺産』(フィリップ・ロス 柴田元幸訳 集英社)
□『ダイング・アニマル』(フィリップ・ロス 上岡伸雄訳 集英社)
『グローバリズム出づる処の殺人者より』でブッカー賞を獲ったアラヴィンド・アディガは、90年代にコロンビア大学で過ごした日々を回想して、「……『安息日の劇場』に始まるフィリップ・ロスの目も眩むような一連の後期作品が出始めて、どうやらロスこそが最も重要なアメリカ作家だということになってしまった。」と語っている。これは、読まねば。ということで、ポチっと。


父の遺産父の遺産
(1993/10/05)
フィリップ・ロス

商品詳細を見る



ダイング・アニマルダイング・アニマル
(2005/01/26)
フィリップ・ロス

商品詳細を見る




□『SIGHT10年5月号 特集 ありがとう小沢一郎 僕たちは卒業します』(ロッキングオン)
□『沖縄「戦後」ゼロ年』(目取真俊 生活人新書 NHK出版)

普天間基地移設の問題が気になって購入した二冊。普天間問題は不思議すぎる。まず普天間返還ということが、クリントン・橋本の日米トップ会談で決定。その後、いつのまにか、代替地をどうするのかという話がどこからか湧いてくる。なんで、返還と代替地がセットなのか。さらに、米軍はグアムを太平洋・アジア地域における最大の戦略拠点にしようという大目標を持っている。そんな中、海兵隊のヘリ部隊のみが駐留する普天間の存在意義はなんなのか?謎だらけだ。沖縄のほぼ総意と言っていいくらいの反対世論を押し切るだけの意義がどこにあるのか、全く分からない。フシギの国・日本。

□『虐殺器官』(伊藤計劃 ハヤカワ文庫JA)
うちの店に来てくれる、本好きの学生さんたちにすこぶる評判いいのが、この本。私の感では、村上春樹が持っている危機意識より数段、感度がいいのではと思われる作家。読むのが楽しみです。


虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤計劃

商品詳細を見る



■『Wilco The Album』(Wilco Nonesuch)
年寄りにとって、追っかけができるようなバンドは年々高齢化を重ね、それにつれて往年の迫力も減退気味で寂しい限り。そりゃあ、ベテランの味でカバーなんていう考えも成り立つだろうが、やっぱ、意気の良さというのもないとね。そんなわけで、私が追っかけてるMAX若いバンド。といっても、多分全員40前後くらい、か?(立派な中年やがな!)
しかし、WILCOにはずれなし!今回のアルバムもええ塩梅です。


Wilco (The Album)Wilco (The Album)
(2009/06/30)
Wilco

商品詳細を見る



■『オール・カインド・オブ・ピープル ラブ・バート・バカラック』(ジム・オルーク AWDR)先日、店で仕事をしているとなにげにシンプルで穏やかなバックにのって、なんとも優しく美しいメロディが流れてきた。「これ、なんや?」と、息子にきくと「ジム・オルークのバート・バカラック」という返事。そう、バカラックのメロディでした。このアルバムは、バカラックの曲をジム・オルークのプロデュースによって豪華なゲスト陣がヴォーカルを聴かせる、という趣向。


オール・カインズ・オブ・ピープル~ラヴ・バート・バカラック~プロデュースド・バイ・ジム・オルークオール・カインズ・オブ・ピープル~ラヴ・バート・バカラック~プロデュースド・バイ・ジム・オルーク
(2010/04/07)
ジム・オルーク

商品詳細を見る



スポンサーサイト

pagetop ↑

日曜日の物欲(4) 

2010.04.27(Tue)

『日曜日の物欲(購入本・購入CD)』 Comment(0)Trackback(0)
■気になっている本をアマゾンで、ポチポチっと。以前紹介した「ワールド文学カップ」で紹介されていた本とほぼ被ってます。生きてる間にあのパンフレットで紹介されている本は、一通り読みたいものです。

○ある家族の対話 (ナタリア・ギンズブルグ 須賀敦子訳 白水uブックス)
今読んでますが、いいですねえ。亡くなったうちの親父もかなり短気でしたが、この本に出てくるお父さんもすぐきれるタイプ。家族というのは、ありがたいと同時に困ったものでもあるようです。でも、結局のところ愛おしいみたいな。

ある家族の会話 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)ある家族の会話 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
(1997/10)
ナタリア ギンズブルグ

商品詳細を見る



○『移民たち』 (W・Gゼーバルト 鈴木仁子訳 白水社)
初ゼーバルト。本文中に挿入されている写真がイイ感じ。

移民たち (ゼーバルト・コレクション)移民たち (ゼーバルト・コレクション)
(2005/09/30)
W・G・ゼーバルト

商品詳細を見る



○『白い闇』 (ジョゼ・サラマーゴ 雨沢泰訳 日本放送出版協会)
ノーベル賞作家、サラマーゴの作品。「ブラインドネス」というタイトルで映画化されています。日本人夫婦の妻役で木村佳乃さんが出演。

白の闇 新装版白の闇 新装版
(2008/05/30)
ジョゼ・サラマーゴ

商品詳細を見る



○『夜間飛行』(サン=テグジュペリ 堀口大学訳 新潮文庫)
宮崎駿さんも愛読者だそうです。そう言えば、『紅の豚』もヒコーキ野郎へのオマージュのような作品でした。

夜間飛行 (新潮文庫)夜間飛行 (新潮文庫)
(1956/02)
サン=テグジュペリ

商品詳細を見る




○『百頭女』(マックス・エルンスト 巌谷国士訳 河出文庫)
それはそうと、タイトルにはちゃんとルビをふりましょう。なんて読むの、これ?「ひゃくとうおんな」「ひゃくとうめ」「ひゃくずめ」「ももずめ」……?

百頭女 (河出文庫)百頭女 (河出文庫)
(1996/03)
マックス エルンスト

商品詳細を見る



○『類推の山』(ルネ・ドーマル 巌谷国士訳 河出文庫)
シュールリアリスム小説なのに、「どこか爽快で、どこか微笑ましく、どこか元気のでるような、心躍る物語」だと。ちゅうことは、「シュールリアリスム meets J-POP」みたいな感じ?

類推の山 (河出文庫)類推の山 (河出文庫)
(1996/07)
ルネ ドーマル

商品詳細を見る
 


○『高慢と偏見』
ジェイン・オースティンが、結構来てるように感じるのは私だけでしょうか?河出文庫、岩波文庫と翻訳されてますが、このちくま文庫版は、一番現代語に近いそうです。それにしても、何故、今、ジェイン・オースティンなのか?

高慢と偏見 上   ちくま文庫 お 42-1高慢と偏見 上 ちくま文庫 お 42-1
(2003/08)
ジェイン オースティン

商品詳細を見る



●「プラスティック・ビーチ」(ゴリラズ EMIジャパン)
ゴリラズ名義ではラスト・レコーディング。前作『DAMON‘s DAY』のLIVE DVDには驚かされた。演奏のバックで流れる映像アニメも良かったし、ゲスト陣が多彩であきさせない。今回もそんな流れで、驚くようなゲストが。ルー・リードにボビー・ウーマック、スヌープ・ドギー・ドッグにデ・ラ・ソウル等々。やってる音楽も当然、万華鏡のような多彩な世界。

プラスティック・ビーチ (スタンダード・エディション)プラスティック・ビーチ (スタンダード・エディション)
(2010/03/03)
ゴリラズモス・デフ

商品詳細を見る



●「ウェイク・アップ・ザ・ネイション」(ポール・ウェラー ユニヴァーサル・インターナショナル)
ポール・ウェラーの新作、前作にはイマイチ入り込めなかったのですが、これはポップでコンパクトな曲が並ぶ。それでいて、アレンジは結構凝っていて多様な世界が楽しめそう。タイトルの通り、内容はかなり政治的なメッセージを含んだものらしい。

ウェイク・アップ・ザ・ネイションウェイク・アップ・ザ・ネイション
(2010/04/21)
ポール・ウェラー

商品詳細を見る






pagetop ↑

日曜日の物欲3(購入本・CD)

2010.04.07(Wed)

『日曜日の物欲(購入本・購入CD)』 Comment(0)Trackback(0)
この間の購入本、購入CDをば。


■ディフェンス(ウラジーミル・ナボコフ 若島正訳 河出書房新社)
ディフェンスディフェンス
(2008/09/19)
ウラジーミル・ナボコフ

商品詳細を見る


なんと、名張のブックオフにてGET。そう言えば、江坂のブックオフでは、ドン・デリーロの「墜ちてゆく男」を見かけた。これだから、ブックオフも侮れない。


■ヴァインランド(トマス・ピンチョン 佐藤良明訳 新潮社)
ヴァインランドヴァインランド
(1998/12)
トマス ピンチョン

商品詳細を見る


江坂の天牛にて。これは、結構長い間、棚に置いてあって迷った末にGET。それにしても、意外と人気のないピンチョン。(今年、全集が出るという噂からか?はたまた、河出版世界文学全集でこの「ヴァインランド」は、つい最近出たばかりということもあるのだろうか?)ピンチョンは読みにくいけど、これは格段に読みやすいらしい。(ほんまやろか?)「競売ナンバー49の叫び」も、間もなくちくま文庫で刊行されるみたい。


■神を見た犬(ディーノ・ブッツァーティ 関口英子訳 光文社古典新訳文庫)
神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)
(2007/04/12)
ブッツァーティ

商品詳細を見る


江坂ブックオフにて。アマゾンのレビューなどでは評判のようだが、どうだろう?アーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」もアマゾンでは大評判、しかし私的にはイマイチな気がしたのだが。ちらっと見た限りこちらは大丈夫っぽい。


■アムステルダム(イアン・マキューアン 小山太一訳 新潮文庫)
アムステルダム (新潮文庫)アムステルダム (新潮文庫)
(2005/07)
イアン・マキューアン

商品詳細を見る


今、読みかけているがこれは面白い、好みですこの人。「贖罪」も大評判みたいだし、この人の本は揃えていきたい。


■世界を知る力(寺島実郎 PHP新書)
世界を知る力 (PHP新書)世界を知る力 (PHP新書)
(2009/12/16)
寺島 実郎

商品詳細を見る


アメリカの世界認識が、そのまま日本の世界認識になっているという現実。最近、とみに思うのが、民主党の政策に対する、「社会主義」などというレッテル張り。まんま、アメリカ共和党のアナクロな反共主義的価値観。福祉政策に対するイチャモンとして、とにかくこのレッテルを貼りたがるのが、アメリカの共和党。民主党が「社会主義」なら、ヨーロッパの国々は、ほとんど共産主義と言わなければならない。というか、世界は共産主義化に向かっているというべきだろう。


□THE RAINCOATS(The Raincoats)
The RaincoatsThe Raincoats
(2009/11/09)
The Raincoats

商品詳細を見る


70年代後半のガールズ・バンド。ジャケットが愛らしく当時から気になっていた。けなげに一生懸命パンクしています。が、しかし実際にはポスト・パンク系の音らしい。「ヘタウマ」という言葉があるが、こちらは正真正銘「ヘタヘタ」、なのに味がある。ギミックも何もないストレートなサウンドなのに、プロデュースはなんとメイヨ・トンプソン。


pagetop ↑

日曜日の物欲(2)09.1.8

2010.02.08(Mon)

『日曜日の物欲(購入本・購入CD)』 Comment(0)Trackback(0)
■『教養主義の没落』(竹内洋 中公新書)が面白かったので、竹内先生の著作2冊を慌ててゲット。

○『丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム』 (中公新書) (新書)
○『大学という病―東大紛擾と教授群像』 (中公文庫)


丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム (中公新書)丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム (中公新書)
(2005/11)
竹内 洋

商品詳細を見る


大学という病―東大紛擾と教授群像 (中公文庫)大学という病―東大紛擾と教授群像 (中公文庫)
(2007/07)
竹内 洋

商品詳細を見る



■前から欲しかったこの本、天牛書店のネット目録に掲載されていたのを目にして、めでたくゲット。私的には、気になる作家ではあるけど、最後まで読み通すことが困難な作家でもある。福田和也『作家の値打ち』での最高得点本。ちなみに私がゲットしたのは、新装版ではなく1989年刊行のもの。

○仮往生伝試文(古井由吉 河出書房新社)

仮往生伝試文(新装版)仮往生伝試文(新装版)
(2004/12/11)
古井 由吉

商品詳細を見る



■こんな映画が去年公開されていたんですね。知らなかった。一応、ブルースの店として出発したものとしては、やっぱり気になります、チェスレコード。それにしても、ビヨンセのようなスーパースターが、ブラック・ミュージックの奥の院のようなチェスに目をつけるとは!次は、いよいよスタックス・レーベルの映画化かも。

○キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]

キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/01/27)
ジェフリー・ライトエイドリアン・ブロディ

商品詳細を見る






pagetop ↑

日曜日の物欲(10.1.31) ~購入本・CD~

2010.02.02(Tue)

『日曜日の物欲(購入本・購入CD)』 Comment(0)Trackback(0)
最近購入した、本、CDなど。


ウェイティング・フォー・コロンブス(デラックス・エディション)ウェイティング・フォー・コロンブス(デラックス・エディション)
(2008/01/23)
リトル・フィート

商品詳細を見る

□『WAITING FOR COLUMBUS/LITTLE FEAT』
リトル・フィートの1978年のライブ盤、70年代屈指のライブ・アルバムではないか?
彼らのアルバムでは、後期の『LAST RECORD ALBUM』というのが好きでよく聞いていた。しかし、このアルバムもいいです。粘りつくような、それでいてどことなくクールなFUNKが最高に心地いい。しかも、ライブでこそ、その魅力をさらに発揮することのできる実力派バンドであればなおのこと。

最近購入した本、CDなど。

One YearOne Year
(2003/07/14)
Colin Blunstone

商品詳細を見る

□『ONE YEAR/COLIN BLUNSTONE 』
懐かしの我が60年代POP ICON、ZOMBIES。そのゾンビーズのリーダー、コリン・ブランストーンによるソロアルバムで72年の作品。以前から評判は耳にしていたところ、ニール・ヤングをamazonで検索してたら、引っかかってきた。レビューが凄い、異口同音に「奇跡のアルバム」(って、ほんまかいな?)しかも、在庫が後二枚のみ、さらにさらに、価格が新譜なのに1000円、思わずポチリました。



After the Gold RushAfter the Gold Rush
(2009/07/20)
Neil Young

商品詳細を見る

□『AFTER THE GOLD RUSH/NEIL YOUNG』
個人的には、今年はニール・ヤングyearになりそうな予感。というのも、やっとこさ、リマスター盤が次々発売されだしからだ。完成したら恐ろしいヴォリュームになりそうなボックスセットも、年代順に発売されだしたが、そこまで揃えるだけの気力と金はない。新たにリマスターされたオリジナルアルバムをコツコツと買っていくつもり。それにしても、ひたすら待ち望んでいるのが、グランジ勢のリスペクトを一身に集めていた、90年代初頭の壮絶ライブ『WELD』のDVD化。今年こそ!
ところで、この『AFTER THE GOLD RUSH』、彼のキャリアを代表する傑作という評価が、ここへ来て見事に定着した感がある。以前は、ニールというと『HARVEST』というのが、相場でしたが。



作家とその亡霊たち作家とその亡霊たち
(2009/03)
エルネスト サバト

商品詳細を見る

■『作家とその亡霊たち』(エルネスト・サバト 現代企画室)
天牛書店で見つけたアルゼンチンの作家による文学論。1911年生まれで、去年この本が日本で出た頃はまだ存命中のはずだから齢百歳ということになる。大学で、量子論等を講じながら作家としてのキャリアをスタートさせるが、現在まで発表した小説は三作のみ。この人も「バートルビー症候群」の人なのか。代表作『トンネル』は、是非とも読みたい作品。


文学のプログラム (講談社文芸文庫)文学のプログラム (講談社文芸文庫)
(2009/11/10)
山城 むつみ

商品詳細を見る

■『文学のプログラム』(山城むつみ 講談社文芸文庫)
去年暮れ、毎日新聞で書評委員の人たちによる、「09年の三作」が掲載されていた。その中で、作家の辻原登さんが「今、最も信頼できる文芸評論家」ということで、山城むつみさんのこの作品を挙げていた。以来、気になっていた本の購入。柄谷行人らからの評価も高いようだ。


pagetop ↑

▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。