スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

「南無ロックンロール二一部教」 (古川日出男 河出書房新社)

2013.08.04(Sun)

『日本文学』 Comment(0)Trackback(0)

南無ロックンロール二十一部経南無ロックンロール二十一部経
(2013/05/14)
古川 日出男

商品詳細を見る







■「ぼくは小説のモンスターを産み出す必要があった。20世紀と21世紀をまたいだ黙示録を、しっかり目に焼きつける必要があった。念仏としてのロックンロールを鼓膜に轟かせる必要があった。ぼくはぼく自身を、この作品に登場させる必要があったのだ。
鳴れ鳴れロックンロール」

■古川日出男は、「読むこと」と「聴くこと」で作家としての自分を作ってきた。チュッツオーラの『やし酒飲み』やビートルズの音楽に出会うことで、作家としての生き方やスタイルを作り上げてきた。そうした彼の集大成とも言えるのがこの作品。
 20世紀を振り返るとき、戦争と革命の時代とか、資本主義が高度な発展を遂げた時代などとは言われても、ロックンロールが産まれ鳴り響いた時代とは誰も言わない。しかし、1950年代以降ロックンロールは、時代と社会の狭間で通奏低音のように鳴り響いていた。
 古川日出男は、この作品でロックンロールを文字通り時空を超え、世界中で鳴り響かせてみせる。南極大陸で、ロシアで、南米ブラジル・アルゼンチンで、オーストラリアで、アフリカ・ナイジェリアで、インドで、そして日本・東京でも。
 ロックンロールは、時代の目撃者であり、当事者達の念仏であり、その行動をさらにドライブさせるバックミュージックでもあった。例えば、オーム真理教の実行犯が、その瞬間、隣の乗客のヘッドホンからロックンロールがもれ伝わってくるのに耳をそばだてた、ということもありうるし、アフリカ大陸を彷徨う、傭兵達の耳元でロックンロールが鳴り響いていたということだってありうる。もちろん、ベトナムの戦場では、ティーンエイジャーの兵士とともにロックンロールも従軍した。若い兵士達の英雄は、ジミヘンやドアーズ、そしてストーンズだったのだから。

■それにしても、古川や村上春樹のオーム真理教事件への拘りはなんなのだろう?独善的な妄想によってストーリーを捏造し、行き着く果てが反社会的な凶悪犯罪となったオーム事件。この事件は、日本社会において、20世紀の終焉ととももにきちんと精算されたと言えるのか?事態はむしろ逆で、21世紀の始まりを告げるとば口となったのが、オーム事件ではなかったか?独善的で妄想的なストーリー構築に血道を上げる、そんな者どもの姿こそ21世紀・日本のありふれた日常の光景となった。
2000年代になって、若者の間で大量発生した「ネトウヨ」と呼ばれる群れの思考は、その象徴である。 さらに、「自虐史観」の克服を旗印に、20世紀日本の「負」の歴史を修正しょうとする極右議員たち。地震列島を覆うように凄まじい数の原発を作り、3.11の過酷事故を体験した後も、再稼働や新規建設を夢見る電気事業者や経団連。人口減によって需要はほとんど枯渇しているのに、異次元の金融緩和や構造改革という詐術よってさらなる経済成長の幻影を追い求める、政府・日銀等々。オウムを突破口として、欺瞞と腐敗に充ち満ちた妄想が日本列島を覆っている。
 村上春樹や古川日出男は小説を執筆しながら、このような日本の現実を幻視していたに違いない。



スポンサーサイト

pagetop ↑

「ヒップホップの詩人たち」(都築響一 新潮社)

2013.06.17(Mon)

『日本文学』 Comment(0)Trackback(0)

ヒップホップの詩人たちヒップホップの詩人たち
(2013/01/31)
都築 響一

商品詳細を見る



■今、流行のJ-POPの中に、ほとんど見いだすことの出来ない、コトバの力や多様性、豊かな状況描写は、日本語ラップのアーティスト達の作品に、深々と息づいているようだ。
考えてみると、「ロックンロール」という容器に、饒舌で豊穣かつ過激なコトバをぶち込み、「ロック・ミュージック」を確立したのはボブ・ディランだった。彼の初期の名曲「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」は、ヒップホップの先駆けではないかと思わせるような曲だ。ディランのような多彩なメッセージを音楽に盛り込みたいと願うミュージシャンにとって、ラップというスタイルは相性のいいツールだったに違いない。

■都築響一さんによるこの本は、ベテランから若手まで15人のラッパーへのインタビューと、彼らのリリック、そしてライブの写真、さらには、うち捨てられたように佇む地方都市の路地裏の風景写真などで構成されている。そのどれもが実に濃厚。が、中心となるのは、ラッパーたちがその生き様を驚くほど率直に語っているインタビューだろう。
もともと、メジャーなシーンから距離を置き、地方都市やアンダーグラウンドなシーンを主戦場にしているラッパーたちなので、その経歴や生き様は多種多様である。現在日本において、あまり可視化されることはないが、マージナルな領域において確実にサーバイブしている、そんなタイプの若者たち。

■犯罪やドラッグなどによって、少年院や刑務所に入れられ、そこで、自分と向き合いながら、ヒップホップへの情熱を点火していった者。いじめや不登校という、自己否定の極地からヒップホップによって、自尊と誇りをとり戻していった者。それぞれが、過去の自分を振り返り、新たに獲得した自己によって過去を再構成し、それをリリックに刻み込む。混じりけのない、純度100%のブルース。

◇「自分の辛い過去があるでしょ、それは書かないより書いたほうがいい。忘れようとしたって、ライブで歌えば思い出すし」(鬼)

◇「で、少年院で詩の発表会というのがあって、そこでかなり目の当たりにしたんですよね、言葉の力を。ほんとクズみたいな連中で、どいつもこいつも詩なんかもちろん書けないんですけど、すごい伝わってくるんです。その発表会って親も来るから、親の前で、自分の反省したこととか親に対する気持ちを詩にしてるやつとかいて。ぼろぼろ泣いちゃって、やばいんですね。くっそへたくそな言葉なんですけど…でも詩のうまさとか関係ないと思って。本気だということが伝わってくるんで。」
(ZONE THE DIRKNESS)

◇「ジェイルにいると、みんなわりと哲学的になるんですよ。俺の場合は、特定の宗教に入り込むことはなかったんですが、それよりも日本から送ってもらったゲーテの格言集と詩集、それにものすごく知恵と勇気をもらいましたね。」(B.I.G.JOE )

◇「その人の息子がいま登校拒否だけど、僕のライブを観て『勇気をもらいました、応援してます』って。僕、その言葉は一生忘れないんです」(チプルソ)

◇「ヒップホップはだれでも始められるでしょ。でも、だからこそ、逆にすぐ諦めてしまうんです、みんな。なにもいらないから、逆にすぐ諦めてしまう。意志がちゃんと強くなかったら無理。ギター弾きは、ギター弾けたら絶対ギターを弾くじゃないですか、ずっと。ラッパーはそうじゃないと思うんです。自分の意志が折れたら、多分もう歌わへんようになると思う。」(ANARCHY)

◇「日本はとにかく平和だし、大丈夫じゃないですか。だけどラップを始めるにあたって、最初にそこをすごく悩んだひとたちがたくさんいるんです。なにもないのに、なんでラップするんだってこと。だから、あえてなにか問題を探して、それをキャッチしてリリックにしていくっていうのは、俺はあんまり求めたくなかったんですよね。」
(TwiGy )







pagetop ↑

歴史認識を問い直す 靖国、慰安婦、領土問題  (東郷和彦・角川oneテーマ21)

2013.05.26(Sun)

『書評』 Comment(0)Trackback(0)

歴史認識を問い直す  靖国、慰安婦、領土問題 (角川oneテーマ21)歴史認識を問い直す 靖国、慰安婦、領土問題 (角川oneテーマ21)
(2013/04/10)
東郷 和彦

商品詳細を見る


■著者の東郷和彦さんは、ロシアを専門とする元外交官、その後世界各地の大学で国際関係の研究者として活躍されてきた。豊富な人脈や情報ソースをもとに語られる本書の説得力は半端ない。危機の時代である今だからこその必読の書。
 東アジアは、あの暴走爺さんのお陰で、いつのまにか世界のホットポイントの一つになってしまった。その尖閣の緊張がつい二週間位前まで喧伝されていたと思ったら、突如、降ってわいたように橋下徹による「慰安婦問題」に対する問題発言の連射が始まった。本来なら、いつものように放言・暴言で世論を攪拌しつつ、なんとなく自身に有利なポジションを確保して終わるはずの橋下徹劇場が、今回ばかりはそうはいかなかった。世界中から大バッシングを受けたからである。
 この橋下の惨めな姿は、日本社会の現実を正確に映し出している。この問題に対して日本と世界は、その認識において絶望的なまでに乖離している。橋下の問題発言は、この埋めがたい溝を白日の下にさらしたのである。
その、「従軍慰安婦」の問題について、著者まずこう述べる。

★「安倍政権の対応如何によっては、この問題は、日韓二国間問題を超え、米国をはじめとする欧米諸国と日本との間に計り知れない深刻な対立を引き起こす可能性がある」

★「万一そのような対立に至った場合には、日米同盟の根幹を直撃し、中国との武力抗争が発生しても、日本はアメリカにとって、守るべき同盟者ではないという致命的な印象を作り出す危険性がある」

★「この問題が国際的に如何に大きな火種となりうるかが、日本国内では、いまだに十分に報道されていない」

★「この世界の大勢についての正確で鋭敏な情報を入手し、それに有効に対応しない限り、日本は、来るべき外交戦争に敗北する」


■「慰安婦問題」は、センシティブで国際政治を揺るがす大問題なのである。メディアはこの問題が、世界政治に占めるウェイトを意図的に隠蔽しているとしか思えないような報道を続けている。
 さらに、日本国内におけるこの問題の誤ったとらえ方を俎上にあげる。


★「この問題をめぐりいま日本で形成されつつあるおおむねの相場観は、日本人にしか意味をもたず、日本国内でしか通用しない」


■この「日本で形成されつつあるおおむねの相場観」とはなにか?安倍晋三をはじめとする右派の論客が持ち出す「狭義の強制連行」はなかった、という論理だろう。つまり、奴隷のような人狩りをして「慰安婦」を集めたことはなかった、という論理。確かに、朝鮮や台湾においては、既に行政システムが完備しており、そのような人目を引く野蛮な手段を使わずともよかったのである。朝鮮においては、徴収業者の貧困層の女性に対する就業詐欺ーつまり騙すーという手段が最も多く使われた。
 この一点を持って、右派の有識者たちは、韓国や世界に対し「強制連行」についての「真実」をはっきり主張しようという勢いを強めた。
 しかし、これが完全な裏目に出た。


★「この日本国内における狭義の「連行」についてのコンセンサスの成立が、世界の常識的な捉え方からかけ離れてしまう゛ガラパゴス化゛を招いたと思われる」


■2007年3月16日、第一次安倍内閣は、河野談話の中の「強制性」を否定しようという姿勢を強く打ち出し始める。この過程での安倍の発言に対するアメリカのメディアの論調は凄まじいものだったという。


★「安倍総理を慰安婦問題の「否定者」として糾弾する米国マスコミの論調は想像を絶してすさまじいものがあった。日本語の活字にするとどうしても表現できない、肌で感ずる無気味な「日本否定論」が突如として噴出した」


■著者はその2ヵ月後、アメリカにおける歴史問題シンポジウムに参加し、世界がこの問題をどう見ているのかを知る。それは著者にとって「青天の霹靂だった」という。

①「強制連行」があったかなかったかについては、この問題の本質にとってまったく無意味であり、世界の大勢は、だれも関心を持っていない。

②アメリカ人が慰安婦の話を聞いた時彼らが考えるのは、「自分の娘が慰安婦にされていたらどう考えるか」という一点のみである。そしてゾッとする。これがこの問題の本質である。

③「強制連行」と「甘言で騙されて」気がついた時には逃げられないのと、どこがちがうのか。

④これは非歴史的な議論である。現在の価値観で過去を振りかえって議論しているのだ。もしそういう制度を「昔は仕方がなかった」と言って肯定しようものなら、女性の権利の「否定者」となり、同盟の担い手として受け入れることなど問題外の国ということになる。

⑤解りやすい例で言えば、「建国のころアメリカは奴隷制を受け入れていたのだから、歴史的な奴隷制は当然の制度」という議論が、今のアメリカではまったくうけいれられないことは、日本人にも理解できるのではないか。「慰安婦制度は歴史的にはやむをえなかった」という議論は、全くそれと同じに聞こえる。

■にもかかわらず、日本の右派は、このようなアメリカでの従軍慰安婦問題のとらえ方とは真逆の方向へと動きをさらに加速させる。わけても「強制連行はなかった」という『ワシントンポスト』への、日本人有識者による一面広告の掲載である。この広告は、日本人は従軍慰安婦の人権の否定者であるという破滅的な印象を全米にばら撒くこととなった。そして、前代未聞の下院本会議で慰安婦決議案(日本に対する謝罪要求)が決議される。その後、オランダ・カナダ・EUの議会で同様の決議が採択されていった。

■今回の第二次安倍内閣は、「アベノミクス」を看板に日本はもちろん、世界中の注目を浴びたようだ。しかし、高支持率に浮かれ、またぞろ「村山談話」や「河野談話」の見直しを口にし始めた。案の定、世界中のバッシングを受け、あわてて「村山談話」と「河野談話」を継承する路線に舵を切った。6年前にアメリカで下院決議が上がり、世界各国が謝罪要求の決議をあげたことを、完全に忘れたかのような愚かな振る舞いだ。
冷静な著者が、激した調子でこう結論づける。

★「慰安婦問題に関する対外発信を誤ったがゆえに、戦後の世代が営々と築きあげてきたものまですべて失い、よくても世界の孤児か、最悪の場合は国の形を失うような負け戦に入るのか。
 この無知は、狂気に通ずると言わねばならない」

■慰安婦問題は、国家の安全保障とも密接にリンクしている。憲法を改正し、自衛隊を国防軍という名前に変え、軍備を増強することだけが、安全保障なのではない。
 この問題は、日韓の二国間関係を超えた国際政治上の大問題であるというのが、まず共有すべき基本的な視座なのである。今回の橋下問題は、日本の有力政治家でさえ、そのような基本認識がもてず、井の中の蛙と化しているという、空恐ろしい現実を突きつけた。ことは、橋下だけではない、多くの政治家、メディア、言論空間、社会総体がガラパゴス化し、問題と正面から向き合うことを回避している。お茶の間の政治バラエティで、無責任な戯れ言を垂れ流すのとはレベルの違う話である。
 戦前さながら、世界と日本の認識のギャップがぱっくりと口をあけ、寒々とした光景が現前に広がる。
 なにより、今回の問題をめぐり、明日予定されている、橋下の外国人記者クラブでのインタビューに、300人以上もの記者が世界各国からやってくることが、それを証明している。
 世界中が橋下を日本を注視しているのだ。







pagetop ↑

本にだって雄と雌があります

2013.04.23(Tue)

『日本文学』 Comment(0)Trackback(0)

本にだって雄と雌があります本にだって雄と雌があります
(2012/10/22)
小田 雅久仁

商品詳細を見る







■第三回Twitter文学賞(2012年・国内編)で第一位、さらに著者の小田雅久仁さんは、私の地元であり母校でもある関大出身ということで、期待しつつ読んだ一冊。


■内容は、深井輿次郎という蔵書家とその家族の「数奇」な半生を描いたもの。なんだけれども、「数奇」といっても、普通の「数奇」ではない、半端ない「数奇」。いわば、書物をめぐる壮大なファンタジーとでもいうべき物語。なにしろ、本が空を飛ぶ話である。生物界に雄と雌があって子供が生まれるように、新たな本が生まれ増殖していく話である。このような荒唐無稽な奇想譚を作者は、誠に巧緻な物語に織り上げいく、「おかず」てんこ盛りで。
その「おかず」だが、最もベーシックな下味(つまり基本の出汁)は、なんといっても「笑い」である。この「笑い」にかける作者のサービス精神は凄まじいもので、知らん人が読んだら、間違いなく新作の上方創作落語かと見紛うことだろう。


■中でも、深井輿次郎の蒐集上のライバルとして登場する、亀山金吾こと鶴山釈苦利のキャラ造形は実に見事で面白い、というか面白すぎる、反則である。どれくらい「おもろい」かというと、彼が登場するだけで、私は思わず吹き出してしまう。そう、登場しただけで、何らのアクションを起こしていないにもかかわらず。
かっての吉本新喜劇における岡八朗、花木京、あるいは桑原和夫を彷彿とさせる。もちろん、「シャボン玉ホリデー」における植木等、映画「男はつらいよ」の渥美清と言ってもいい。(しかし古いなあ、この例え)彼らは、登場するだけで視聴者の笑いを誘った。彼らは、生身の役者だが、釈苦利は、ただの文字による創造物に過ぎない。言うなら、私は、ただただ小説の文字を追っているだけなのだ。にもかかわらず、釈苦利が登場するやいなや、吹き出してしまう。これは、相当凄いことだと思うのだ。


■で、この「笑い」という下味をベースにどんなメインディッシュを用意しているかというと、極上のファンタジーである。幻書(空飛ぶ本)の群れによる、幾たびか起こる「奇跡」の描写。これらのシーンが、この本のクライマックスになるだろう。この作品の中で、『冒険者たち』(斎藤 惇夫)や、『ひげよさらば』(上野 瞭)、さらに『はてしない物語』(エンデ)など、児童文学におけるファンタジーの傑作の名が出てくる。作者の小田さんは、きっと幼い頃から、これらの傑作群に親しんでこられたのだろう。そのような著者のバックボーンが、見事に生かされた作品だ。


■大阪弁を活かしたコテコテの笑いプラス美しいファンタジーの描写、この本の魅力はそこにつきるだろう。ところどころ、サービス精神が先走って、時にその饒舌が五月蝿く感じられ、もうちょっとブラッシュアップしてくれたら、と思うところもあるが、まずは、極上のエンタメ文学の誕生を祝したい。
個人的には、あの稀代の「濃い」キャラ・鶴山釈苦利を主人公に据えた、抱腹絶倒の物語を是非読んでみたいところだ。


pagetop ↑

『コレクションズ』(ジョナサン・フランゼン 黒原敏行訳 ハヤカワepi文庫)

2013.04.07(Sun)

『海外文学』 Comment(0)Trackback(0)

コレクションズ (上) (ハヤカワepi文庫)コレクションズ (上) (ハヤカワepi文庫)
(2011/08/10)
ジョナサン フランゼン、Jonathan Franzen 他

商品詳細を見る



コレクションズ (下) (ハヤカワepi文庫)コレクションズ (下) (ハヤカワepi文庫)
(2011/08/10)
ジョナサン フランゼン、Jonathan Franzen 他

商品詳細を見る


■ジョナサン・フランゼンというアメリカ人作家のことを最近知った。『フリーダム』(早川書房』)という最新作が話題になっているが、アメリカでは既に大御所の一人みたいで、今回読んだ『コレクションズ』は、2001年に刊行され全米図書賞を受賞、280万部以上を売り上げたという。
 さらに、新作『フリーダム』がアメリカで刊行された2010年、『TIME』誌の表紙を飾っている。過去に、サリンジャー、ナボコフ、トニ・モリソン、ジョージ・オーウェル、ジョン・アップダイクと言った錚々たる作家たちが表紙を飾った。現役作家としては、スティーブン・キング以来、十年ぶりというのだから驚きである。多分、ポール・オースターもジョン・アーヴィングもドン・デリーロも、未だその栄誉に浴していないであろう、というのに。帯に「アメリカの国民作家」などというコピーが踊っているが、それも納得というほかない。
 しかし、その割に日本で知られてないのはなぜ?という疑問が当然ながら湧いてくるのだが、多分、それは恐ろしいくらいの寡作ぶりにあるのではないだろうか。ほぼ十年に一作というペース、日本で翻訳されているのは、『コレクションズ』と新作の『フリーダム』の二作のみということなので、意外に知られていない大物作家というスタンスも致し方なしというところか。

■今回読んだ『コレクションズ』は、十年に一作という時間の重みがずっしりと感じられる作品だ。文庫で上下二冊900ページを超す大作ということもあるが、エピソードの練り上げ、細部の精緻な描写、シニカルな独白など、どこを切り取っても面白い。
 内容は、アメリカ中西部のセント・ジュードという架空の町に住むランバート夫妻とその子供たち三人の物語である。家族の物語と言っても心温まるのどかな物語などでは、もちろんない。シリアスかつコミカル、さらにシニカルでもある。
 家族が暮らしたアメリカ中西部という地域は、アメリカでももっとも保守的な地域として知られている。その保守的な地域にぴったり溶け込んだかのような、頑固な父親・アルフレッドと世間体を気にする母親・イーニッド。三人の子供たちは、心のどこかに両親や故郷に対し鬱屈した思いを抱えながら成長した。長男のブライアンは、フィラデルフィアの銀行の部長を勤めているが、拝金主義で妻や子供たちとの不和に悩まされている。次男のチップは、大学で先鋭的な文学理論を教えていたのだが、教え子の女子学生とトラブルを起こし、大学を追われる。末娘のデニースは、新進気鋭の料理人として注目を集めるが、これも雇い主とのトラブルで有名レストランの職を失う。
 子供たちそれぞれの波乱のストーリーが、大きな読みどころだが、同時に、父親のアルフレッドも徐々に痴呆が進行し、母イーニッドの負担が増えていく。両親の危機的状況と、子供たちの親に対する屈折した思い。複雑に絡まり、錯綜する様々な思惑のあいだで、どう折り合いをつけるのか、どのような<コレクションズ=修正>局面が生み出されるのか、というのがおおまかなストーリー。

■フランゼンは、ぎしぎしと音を立てて軋み合う価値観の衝突や、それぞれが内に秘めた、わがままで身勝手、病的な思い込みを、なんの脚色もせずあるがまま表出させる。取り繕った態度の奥底にあるエゴイスティックな澱を、鷲掴みにして読者の前に放り投げる。
例えば、長男ゲイリーのこんな独白。

◇「ゲイリーは、もう沿岸部への移住は法律で禁止して、中西部人には田舎くさい食べ物を食べ、野暮ったい服を着、盤上ゲームで遊ぶ古い生活に戻るよう奨励してもらいたいと思う。そうすれば、この国でも数多くの田舎者が温存され、洗練された趣味を知らない荒蕪地が残って、彼のような特権階級の人間が、自分はすぐれて文明的だという感覚をいつまでも持ちつづけることがー」

◇「ホームセンターの精算所で、ゲイリーはアメリカ中部でもとりわけ肥満したのろまな連中に見える客たちの列についた。マシュマロのサンタや、安ピカ物の飾りや、ベネチアン・ブラインドや、八ドルのドライヤーや、クリスマスにちなんだ図柄の鍋つかみなどを買いにきた連中。代金をぴったり払おうとソーセージみたいな指で財布を掻きまわす連中」

■新自由主義的価値観にどっぷり浸かった長男のゲイリー、リベラルな価値観でオルタナティブなライフスタイルを模索するが、どこか間が抜けていて失敗を繰り返すチップ、その中間に位置するようなデニース。
危機をくぐって家族が着地した地点は、それぞれがほんの少しずつ生き方を「コレクションズ=修正」した、ごく穏当なものだった。
 そこに至る家族の航海を通じ、著者は、90年代末期、「後期資本主義」のただ中にある、アメリカ社会の現実を見事にあぶり出している。








pagetop ↑

▼ プロフィール

gatemouth

Author:gatemouth
吹田の関大前で、「ゲートマウス」という小さなカフェを営業しています。
「ゲートマウス」は、「本が楽しめる、ミュージック・カフェ」、もしくは「音楽が楽しめる、ブックカフェ」といったイメージの店です。勿論、フードやドリンクも充実。是非お気軽にお立ち寄りください。日曜、祭日は休業。

吹田市千里山東1-11-16
TEL 06-6387-4690
MAIL gatemouth8@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 gatemouth all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。